주요 기사 바로가기

KAIST在学生がまた自殺…今年で3件目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.30 11:26
0
KAIST(韓国科学技術院)在学生がまた自殺した。専門系高校出身のKAIST在学生が自殺してから2カ月ぶりだ。

20日午後6時35分ごろ、京畿道水原市霊通区(キョンギド・スウォンシ・ヨントング)のマンションの花壇で、このマンションに住むKAIST2年のキムさん(19)が血を流して倒れているのを通行人が発見し、119に申告した。この通行人は警察で「ドンという音が聞こえたので見ると、花壇で人が血を流して倒れていた」と話した。

事故当時、キムさんの家族はみんな外出していた。キムさんの家では「誰かを恨んだりはしない。妹に申し訳ない」という内容のA4用紙1枚分の遺書が見つかった。19日午後8時47分にキムさんのブログには「憂うつだ…苦しい…」というコメントが最後に書き込まれていた。

警察はキムさんが遺書を残して自殺したとみて、正確な事故の経緯を調べている。科学高校出身のキムさんは今月初めに新学年になった後、16日間、突然休学した。学校側はキムさんは学業の成績も優秀で性格も明るかったと伝えた。

これに先立ち、専門系高校出身で学校長推薦でKAISTに入学して関心を集めた1年のチョさん(19)が成績の問題で悩み、1月8日夜、学校の建物のボイラー室前で自殺している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP