주요 기사 바로가기

「自衛隊・警察・消防指揮する危機管理指令塔が必要」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.28 15:48
0
--菅内閣が初期対応で失敗した部分があれば。

 「人材をきちんと動員できず遊ばせたという点だ。 大抵の被害地域は人工衛星や偵察機で把握が可能だ。 首相官邸の司令チームは地震発生直後、陸上自衛隊のOH-6小型ヘリコプター20機ほどを被災地域に飛ばし、情報を収集しなければならなかった。 これを通じて被災住民の規模を把握し、被災者を助ける陸上自衛隊員と医療陣、医薬品、救護物資がどれほど必要かを具体的に判断し、すぐに指示を与えなければならなかった。 次は陸上自衛隊の6機の大型ヘリコプターCH-47を被災地域に往復させれば、日本のどの地域でも2-3時間で兵力を投入できる。 CH-47には55座席があるが、非常時にはこれを除去して全員立って出動するため、1機で125人を運べる」

--地震発生から1週間が過ぎても被災地域に救護物資が行き届いていなかった。

「近代国家ではありえないことだ。 全般的な現況把握さえできていないからだ。 自衛隊も、民間(企業・救援物資提供)も能力があったが、フル稼働できなかった。 陸上自衛隊の場合、250機のヘリコプターがあるが、半分も動けなかった。 原発の大量放水作業も同じだ。 すでに地震発生翌日の12日、最精鋭消防部隊である東京消防庁のハイパーレスキュー隊が現地に入ろうとしたが、放射能対応装備がそろわず保留となった。 結局、18日に現場に入った。 政府は(核対応能力がある)自衛隊に支援を指示し、ヘリコプターで現地に投入するべきだった。 東京消防庁はヘリコプターが6機しかない。 政府は情報が上がってくるのを待ってはならない。 事態が発生すればすぐに自衛隊をはじめとする専門家を集め、情報を収集し、これをもとに即時に対応策を指示できなければならない」

--菅首相は今後どのように危機局面を収拾するべきか。

「首相は柔軟な姿勢で政策をとる必要がある。 専門家が予想する‘大地震’に対応できる危機管理指令塔を構築しなければならない。 復元とともに今後の被災に対応する、そして日本の国家づくりの下絵を描かなければならない」
「自衛隊・警察・消防指揮する危機管理指令塔が必要」(1)

【今日のイチオシ記事】
・KARAも苦労が多かった? 日本のステージで涙
・金正日「住民に石を投げられる夢を見る」
・放射性物質、地球ひとまわりして江原道に
・延坪島攻撃当時に出撃の戦闘機、「空対地ミサイル搭載していなかった」
・果たし쒂日本はまた立ち上がるのか
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP