주요 기사 바로가기

バフェット氏が警告 「ITバブルのようにSNSバブルある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.28 09:21
0
「バフェットの屈辱」。‘投資の鬼才’ウォーレン・バフェット・バークシャー・ハザウェイ会長は情報技術(IT)バブル当時、苦い経験をした。

バフェット氏はバブルがピークだった1999年、「IT会社の大半がゴミ」と語った。この発言は逆襲を招いた。モルガン・スタンレーなどウォール街投資銀行のITアナリストらが蜂の群れのように一斉にバフェット氏を批判した。

当時、バフェット氏の投資収益は以前の平均値に達していなかった。一部のアナリストは「新経済時代にはバフェット氏の居場所はない」と宣言したりもした。

バフェット氏は表面上は意に介していないようだったが、内心は大きく傷ついていたようだ。ITバブル崩壊が確認された01年、バークシャー・ハザウェイの株主総会で「私の言葉は間違っていなかった」と語った。自分の判断が正しかったことを認められようという話し振りだった。

そのバフェット氏が25日(現地時間)、また警鐘を鳴らした。今度はソーシャルネットワーク会社が対象だ。この日、バフェット氏はインド・ニューデリーで保険契約者らと会い、「ソーシャルネットワーク企業の価値を評価するのはとても難しい」とし「ほとんどがあまりにも高すぎる」と話した。具体的にどんな会社が高評価されているかは明らかにしなかった。ただし「いくつかの会社は大成功し、そうでない会社を埋め合わせることはできるだろう」と語った。

ソーシャルネットワーク会社の価値がどれほど高まっているのか。代表格の米企業フェースブックの価値は500億-650億ドルと評価された。フェースブック経営陣の主張ではない。ウォール街投資銀行が推定した金額だ。世界最大投資銀行のゴールドマンサックスは非上場会社フェースブック株5億ドル分を取得した。すぐに顧客に配分した。フェースブックの昨年の売上高は10億ドル台と推定される。

国内でも旋風を起こしているツイッターは最近、シリコンバレーベンチャー投資家から2億ドルを誘致した。この過程でツイッターの企業価値は37億ドルと評価されたと、ビジネスウィークが最近報じた。ブルームバーグは最近、ツイッターの昨年の売上高は「1億5000万ドル程度と推定された」と報じた。

ソーシャルコマース代表会社のグルーポンは今年、企業公開(IPO)を推進している。この会社はソーシャルネットワークと電子商取引を初めて結合し、有名になった。今年中の企業公開と上場を推進中だ。ウォール街の投資銀行はグルーポンの企業価値を250億ドルと評価した。同社の昨年の売上高は7億6000万ドルと推定される。

3社ともに非上場企業だ。利益が出たか損失が出たかは明らかにしていない。ただ企業の価値を売上高で分り、価値評価が適切かどうかを見るしかない。フェースブックは最高65倍で、ツイッターは24倍。グルーポンは30倍を超える。「ドットコムバブルの当時の人気会社並みの水準」とニューヨークタイムズ(NYT)はウォール街専門家の言葉を引用して報じた。

一方、バフェット氏は「米ドルの価値が大きく下がるだろう。私なら長期債券よりも株式を買う」と語った。バフェット氏は先週の訪韓に続き、現在はインドを訪問している。
【今日のイチオシ記事】
・KARAも苦労が多かった? 日本のステージで涙
・金正日「住民に石を投げられる夢を見る」
・放射性物質、地球ひとまわりして江原道に
・延坪島攻撃当時に出撃の戦闘機、「空対地ミサイル搭載していなかった」
・果たして日本はまた立ち上がるのか
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP