주요 기사 바로가기

売上1000億ウォンSOHO “ショッピングモール韓流”広がる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.25 17:34
0
野球用品専門インターネットショッピングモールを運営する「イサクパーク」のキム・ヒョンサン社長(35)。 06年から中古野球用品を日本から仕入れて販売してきたキム社長は、競争が激しくなり円高ウォン安が進むと、発想を転換した。 韓国の会社が作った野球用品を日本に売ることにしたのだ。

キム社長は08年末、日本語で書かれたショッピングモールサイト(www.issacpark.jp)を開設した。 「イサク」という固有ブランドも作った。 イサクブランドは最近、日本で月約1000万ウォン(約75万円)分が売れている。 キム社長は「日本は野球チームが韓国に比べてはるかに多く、市場規模も約20倍以上大きい」とし「送金用口座の開設など難しい点はあるが、競争が激しい韓国に比べるとまだいい」と話した。

‘1人商人’も流通の国際化に寄与している。 インターネットを利用し、売り場や国境を越えて商品を販売できるからだ。 韓国の発展した情報技術(IT)と国内市場での厳しい経験が競争力になっている。

02年から女性のビッグサイズ衣類を販売している「コングウーマン」サイトを運営してきたキム・ジュヨン代表。 2009年に日本、2010年に中国にビッグサイズ衣類専門インターネットモールを開設した。 今年は月10億ウォンの売上が目標だ。 ‘1人商人’の活動状況を把握するのは容易でない。 しかしショッピングモール構築を支援するメークショップの支援を受けて開設したショッピングモールの数がヒントになる。 同社のソリューションで国内の人が作った日本語ショッピングモールは1200件、中国語ショッピングモールは150件、英語ショッピングモールは130件だ。

男性服オンラインショッピングモール「わがまま」を運営し、金融危機で売上高が半分に減ったソン・チャンボム社長は、09年からグローバルショッピングサイトのイーベイに進出した。 昨年はファッション雑貨の販売で海外で35万ドル分を販売した。 「ゼネラルコリア」のチョ・ソンファン社長(35)は道場を運営しながら07年に副業で始めた武術道着・用品販売が本業になった。 昨年15万ドル分を販売し、売上高は前年比で120%増えた。 オークションでイーベイショッピングモール開設講義を受けてイーベイにショッピングモールを開設した韓国人ソーホー(SOHO)の売上高は、09年の400億ウォンから昨年は1000億ウォンに増えた。

オンラインコマース業者も海外市場の扉をノックしている。 Gマーケットは昨年6月、シンガポールと日本に韓国の「オープンマーケット」形態のオンラインショッピングモールをオープンした。 来年は月300億ウォンに海外売上高を増やす計画だ。

SKテレコムの11番街もインドネシア通信最大手テレコムと提携し、来年上半期のオープンを目標にオンラインショッピングサイトを準備している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP