주요 기사 바로가기

亡命した脱北者…「出発1カ月前から煙台に分散して隠れていた」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.25 08:57
0
キム牧師は脱北者が乗って来た船の大きさや船籍などは明らかにできないとしている。キム牧師は、「船が大きいので多くの人が乗れた」と話した。中国では金を払えば公海上まで船に乗せてくれるため船舶を選択するほかなかったというのがキム牧師の説明だ。彼らは中国で船に乗る前に煙台の住宅とアパートに分散して1カ月ほど潜伏しており、出港時間に合わせて集まったという。脱北者の中には北朝鮮を脱出してから短くて2カ月、長くて2年になった人もいた。当初キム牧師は30人余りの脱北者を入国させる計画だった。しかし、脱北者の相当数が「キム牧師が私たちを他の所に売り渡そうとしている」と誤解し、準備過程で20余人以上が離脱した。ブローカーとは違い金を受け取らないで韓国に送るという話を信じなかったというのがキム牧師の説明だ。キム牧師は、「彼らが私の話を信じていれば、30人余りの全員が韓国の地を踏んだだろう」と残念がった。

キム牧師は群山で船を借りながら海上警察など関係当局に申告しなかった。脱北者の入国の動きが事前に知られれば中国や北朝鮮などで問題提起される可能性のためだった。キム牧師は、「中国から出発することから船に乗って公海上まで移動することすべてが違法だと思ったが、彼らが無事に入国することがもっと重要だった」と話した。

キム牧師が脱北者の入国を支援したのは今回が初めてではない。2000年に初めて脱北者を韓国に連れてきた後、これまで10年余りにわたり数十人を助けた。ほとんどがすでに韓国に入国した脱北者の家族だ。今回入国した脱北者9人のうち6人も家族がすでに韓国に入っているケースだ。キム牧師は、「脱北者の入国を助けることが目的ではない」と線を引いた。脱北者が北朝鮮に置いてきた家族を心配する姿を見て困難を解決する方法を探し、「家族を連れてこよう」と決心したのだ。脱北と入国を支援した人は中国の朝鮮族と漢族という。中国に住む僑胞もキム牧師を助けた。彼らは今回も脱北から潜伏、出港まですべての過程を落ち着いて準備した。入国にかかった資金はキム牧師の知人と教会後援者らが用意した。キム牧師は「費用の規模は教えられない。ただし多くの人が脱北者を後援している」と話した。

キム牧師は2000年に群山で通った教会の牧師について豆満江(トゥマンガン)流域に布教に訪れ初めて北朝鮮住民の厳しい実情を感じることになり、その後人権問題に関心を持って脱北住民を助けることになったと説明した。
亡命した脱北者…「出発1カ月前から煙台に分散して隠れていた」(1)

【今日のイチオシ記事】
・【社説】原発の未来、歴史的選択を
・世界フィギュア東京大会中止、キム・ヨナの復帰はモスクワに確定
・<サッカー>韓国、日本に次いでアジア2番シード…ブラジルW杯3次予選に直行
・ガールズデイの下着露出論議で事務所が釈明
・「性接待主人公らは依然とその地位にいる」…女優キム・ヨジンが批判
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP