주요 기사 바로가기

【噴水台】ノシム

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.23 17:21
0
「炉心(ノシム)」に世界の目が集中している。日本福島原子炉の核燃料がどれほど熱を持っているのかが焦眉の関心事だ。すでに少なくない放射性物質が漏出したが、これからがもっと問題だ。もし安定化に失敗し、「メルトダウン(meltdowm)」と呼ばれる「炉心溶融」でも起きれば大変なことだ。この場合、放射性物質が手の施しようもなく拡散し、核災難を招くことになる。チェルノブイリのようにセメントを注いで封印しても後遺症は少なくない。

「盧心(ノシム)」が政界を熱くしている。キム・ヘウル国会議員の再・補欠選挙をめぐり「盧心論争」が熱い。民主党と国民参与党に分かれた追従勢力がお互い嫡統を主張する局面だ。選挙結果に伴う後の爆風も少なくない展望だ。「盧心」の爆発力がそのまま表れるのだ。

「労心(ノシム)」は主体が変わった。『孟子』に「心を労する者は人を治め、力を労する者は人に治めらる」という言葉がある。「労心者治人,労力者治於人」だ。それなら「労心」は当然、政治家の役割ではないのか。ところがむしろ国民が政治を心配する状況だ。

この「労心」に司馬遷の『史記』が対句を付けた。「臥薪嘗胆」の主人公、越王の句践が胆を嘗めながら「捲土重来」を狙う。毎日胸を焦がすしかない。ここから気をもむという意味の「焦思」が出てきた。すなわち「労心焦思」の根源だ。あすは少しましになるか、あさっては変わるかと労心焦思する方は、権力ゲームに夢中になった政治家ではなく国民だ。

「ノーシーム(no-seam)」という野球用語がある。野球ボールの糸の縫い目は108だが、この縫い目が英語で「シーム(seam)」だ。投手の手を離れた球が1回転する時、縫い目が空気に2度摩擦すれば「ツーシーム(two-seam)」、4度摩擦すれば「フォーシーム(gour-seam)」だ。メジャーリーグで124勝をマークした朴賛浩(パク・チャンホ)の武器がかつて「ツーシームボール」だった。変化が大きく、制球に苦労したという。半面、「ノーシームボール」は縫い目の摩擦がない球質だ。一種の「チェンジアップ」だが、すべるように投げられる。縫い目や継ぎ目がないという意味で見れば「ノーシーム」は「天衣無縫」程度にならないか。ただ炉心も、盧心も、労心も天衣無縫の「ノーシーム(no-seam)」のように滑らかに整理されればいい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP