주요 기사 바로가기

<東日本大地震>福島原発に無人偵察機・ロボット投入

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.18 17:38
0
日本福島原発事態を解決するため、米空軍の最新鋭高高度無人偵察機(UAV)「グローバルホーク」が投入されると、米CBS放送などが17日伝えた。原発内部への人の接近が難しい状況で、人命被害なく精密調査が可能という判断からだ。これに関しルース駐日米国大使は「危機状況が続いているため、できるだけの装備と人材を動員して日本を支援する」と明らかにした。

米ノースロップ・グラマン社が製作したグローバルホークは、高性能カメラや赤外線センサーなどの装備があり、遠隔操縦で精密撮影が可能だ。高さ20キロの上空から30センチの大きさの物体を識別できるほどの性能を誇る。夜間にも熱感知を通して物体を区分する。

軍事技術的に敏感なグローバルホークは、対外軍事販売制度(FMS)に基づき一部の同盟国に限って販売が認められている。日本当局はグローバルホークを福島原発施設に接近させ、赤外線カメラで発電所内部を確認した後、各施設の温度を含む具体的情報を対策に活用する方針だ。

原発内部の放射線量を測定するための無人ロボットも投入される。日本文部科学省は17日、人の接近が危険な場所で放射線量を測定する防災モニターロボットを福島原発の運営会社である東京電力に貸すことにした。

財団法人の原子力安全技術センターが所有するこのロボットは、訓練に参加したことはあるが、実際に現場に投入されるのは初めて。長さ150センチ、幅80センチの小型戦車のような姿で、約1.1キロ離れたところでも無線操縦が可能だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP