주요 기사 바로가기

<東日本大地震>「地震に負けない」 勇気を与える日本野球

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.15 10:48
0
大災難でも野球は倒れない。日本は野球を通して災難を乗り越えようとしている。95年1月、マグニチュード7.2の地震が神戸を廃虚にした当時、地元オリックスの試合が行われることを期待する人は多くなかった。しかし2カ月後、オリックスはユニフォームの右肩に「がんばろうKOBE」という文字を入れてシーズン開幕戦に臨んだ。冬のあいだ練習も十分にできなかったオリックスはパリーグ6連覇を狙う西武を抑えて初優勝を果たした。失望していた市民は躍進するオリックスを見ながら希望と勇気を得た。

日本では14日、大地震後初めて読売-阪神のオープン戦が岐阜球場で行われた。プロサッカーJリーグの3月の日程がすべてキャンセルされた中、プロ野球はオープン戦が3日ぶりに再開されたのだ。読売の桃井恒和球団社長は「試合をすることが私たちの使命。プロ選手たちが元気に野球をする姿をファンに見せなければいけない」と力強く語った。

日本を代表する名門チーム間の対戦を見るため、3万人が野球場を訪れた。この日の入場収益金は全額、被災者への寄付金として伝えられた。読売が先頭に立つと、他球団もオープン戦の再開を検討している。被害が最も大きかった仙台では、地元チームの楽天から小さな希望が芽生えている。

金炳賢(キム・ビョンヒョン)が所属する楽天球団の選手たちは、ホーム球場のクリネックススタジアムが地震の衝撃で破損し、練習できなくなると、読売から提供された川崎補助球場で練習を始めた。球場には「東北に勇気を!地震に負けない!」という横断幕が掲げられた。

地震と津波で大きく揺れた日本が野球で安定を取り戻そうとしている。日本は危機を迎える度に野球に目を向けてきた。野球は日本の国技だ。戦後の痛みを野球でなだめ、経済成長期には読売(1965-73年日本シリーズ連続優勝)に熱狂した。日本人にとって野球は遊びではなく日本の精神だ。それで野球代表の別称も‘侍ジャパン’だ。

在日同胞のソン・ジェバク斗山(トゥサン)コーチは「日本で野球は国技のようなものだ。国民は野球を人生の一部と考え、選手たちには国民的な愛情を受けるという使命感と責任感がある。危機であるほど野球で一つになる傾向がある」と話した。

日本野球機構(NPB)は15日に実行委員会を開き、25日に予定されたシーズン開幕戦を日程通り行うかどうかについて議論することにした。他のスポーツ種目のように開幕が4月以降に延期される可能性があるが、球団と選手は「こういう状況であるほど野球は正常に行われるべきだ」と主張している。
【今日のイチオシ記事】
・絶望から希望を、韓国が日本の力になろう…国民みんなで応援
・<東日本大地震>企業・コンビニが消灯営業…「ヤシマ作戦」
・李明博大統領、UAEで原子力発電所の起工式に参加
・<東日本大地震>神戸「16年前の恩返し」…コメと毛布送る
・<東日本大地震>韓流スターが続々と支援と慰労を表明
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP