주요 기사 바로가기

金正恩、党員100万人「若い血」に入れ替え

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.11 10:12
0
北朝鮮の朝鮮労働党が、若い血の輸血を開始した。中国と日本の北朝鮮消息筋は10日、「北朝鮮は党幹部を除く満60歳以上の党員100万人を“名誉党員”に転換し、党員の座を20~30代の青年たちで入れ替えている」と伝えた。韓国当局は金正恩(キム・ジョンウン)の後継体制構築と合わせた忠誠勢力の世代交代作業だと把握している。北朝鮮の労働党員の数は300万人。3分の1が交代されるということになる。

北朝鮮が過誤を犯した人物を離党させるケースはあったが、大規模な党員交代は初めてだ。消息筋は、「北朝鮮は昨年9月に30年ぶりとなる党規約改定を行い名誉党員制度を新設し、続いて開かれた党代表者会で党員交代の方針を決定した」と明らかにした。北朝鮮は金正日(キム・ジョンイル)の誕生日の先月16日から党員交代作業に入っており、党創建記念日の10月10日に作業が完了するものとみられる。

党規約によると、名誉党員は「党員としての活動をまともにできない党員とする」と規定している。金日成(キム・イルソン)主席が「死ぬまで党生活をすべきだ」と強調したこととは反する政策だ。これについて国民大学のチョン・チャンヒョン教授は、「北朝鮮では“党員でなければ人ではない”と言う言葉があるほど党員の特権は強い。若い層に入党の機会を与え、金正恩体制を支える忠誠勢力として養成するための措置」と分析した。若い軍人と学生などの絶対的忠誠を引き出すためだ。金正日も同様に1973年に後継者に内定してから、「3大革命小組」という組織を作り、若い支持勢力を確保した。

老年層の支持を確保するための作業である可能性もある。党員剥奪ではなく、「苦労したので休め」という意味の「名誉党員」へ転換することで、党生活の負担を軽減し、後継者に対する好意を持たせるというものだ。消息筋は、「1号名誉党員は金日成の実弟の金英柱(キム・ヨンジュ)最高人民会議名誉副委員長に与えられた。身分転換に伴う老党員の不満を薄められる象徴的な措置だ」としている。

一方、日本の読売新聞は、金正恩が先月下旬に党と軍幹部らに中東の民主化運動を遮断するよう口頭で指示を出したと10日に報道した。同紙は中国消息筋の話として、金正恩が「複雑な国際情勢に対応するため警戒を強化しなければならない。現在米国を中心にした敵対勢力が共和国(北朝鮮)政府を転覆させようとしており、一部では思想の混乱が起きている」と言及したと伝えている。
【今日のイチオシ記事】
・日本の民主党議員「独島所信」 右翼の脅迫に屈する
・経済大国・中国に対応する韓日の差
・【コラム】日帝下の国内強制動員も補償すべき
・熱愛中?チョン・ウソンとイ・ジア、濃厚なベッドシーンから予感
・警察「チャンさんの手紙、発信地に細工された痕跡」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP