주요 기사 바로가기

食品物価上昇率、韓国がOECD最悪…主要7カ国平均の5倍

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.09 11:59
0
韓国の食品物価上昇率が経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち最も高いことが明らかになった。

OECDの1月の消費者物価統計によると、韓国の食品物価は1年前に比べて11.6%上がり、34加盟国のうち最も高かった。昨年12月は韓国が10.6%で、エストニアに次ぐ2番目だったが、今年1月は順位が入れ替わった。

食品物価の上昇率が2けたの加盟国は韓国とエストニアだけ。OECD加盟国の平均食品物価上昇率は2.6%、主要7カ国の平均は2.1%だった。

食品物価を含む1月の全体消費者物価の上昇率も韓国は4.1%と、OECD平均のほぼ2倍にのぼり、4番目に高いことが分かった。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】上海総領事館、衝撃的スキャンダル
・韓国外交官らが中国人女性と不倫、彼女の一言で韓国ビザが...
・【取材日記】“順法潔癖症”の日本、“立法便宜主義”の韓国
・勢いに乗る金正恩、北朝鮮の権力序列3位に
・韓国の千里眼衛星、ロシアの衛星と衝突手前で回避


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP