주요 기사 바로가기

北朝鮮、GPSかく乱攻撃…キーリゾルブ訓練を妨害か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.07 08:53
0
4日に続いて6日の午前と午後、北朝鮮が衛星利用測位システム(GPS)をかく乱する電波を発射し、首都圏の西・北部地域で受信障害が発生した。

政府当局者は「4日と6日、ソウルと仁川(インチョン)、坡州(パジュ)など首都圏の西・北部地域でGPSを利用した携帯電話の時計が誤作動し、通話の品質の低下するなどの現象が発生した」とし「調査の結果、北朝鮮の海州(ヘジュ)と開城(ケソン)地域の北朝鮮軍部隊から強力な通信かく乱電波が発射されたことが分かった」と述べた。

北朝鮮のGPSかく乱電波発射が確認された直後の6日、一山(イルサン)などの地域では携帯電話に表示される日時が5日に変わるなど混乱が生じた。携帯電話の日時は衛星で受信するため、北朝鮮の電子戦攻撃によって携帯電話やナビゲーションなど衛星を利用する民間人に混乱が生じたのだ。北朝鮮のこうした電子戦は総参謀部偵察総局が主管しているという。北朝鮮のGPSかく乱電波は5-10分間隔で間けつ的に発射された。

 
当局者は「北朝鮮が200キロ内の範囲をかく乱できる移動型装備を新しく導入し、実験をするために電波を発射した可能性がある」と述べた。

韓国情報当局は北朝鮮の電波発信時点に注目している。先月28日に始まった韓米連合訓練「キーリゾルブ」を妨害する意図があるということだ。訓練に動員された先端精密誘導武器がGPSを利用するだけに、これらの装備に影響を与えようとしている、ということだ。これに関し、軍当局者は「軍が使用するGPSは民間用と分離しているため影響はない」と明らかにしたが、被害事実は確認されていない。

また、先月5日に西海(ソヘ、黄海)上で漂流していた31人の北朝鮮住民のうち4人が亡命の意思を表し、27人だけを送還するという韓国政府に対する不満の表示とも考えられる。北朝鮮は昨年12月の海兵隊の延坪島(ヨンピョンド)砲撃訓練当時にもGPSかく乱電波を発射し、韓国軍の無人偵察機活動を妨害した。


【今日のイチオシ記事】
・中国公安が74万人動員、ジャスミンデモまた不発
・自殺した女優、「31人に100回以上酒接待、性接待」...復讐してほしい
・北朝鮮、GPSかく乱攻撃…キーリゾルブ訓練を妨害か
・日本の次期首相最有力候補の前原外相、外国人献金問題で脱落
・韓国政府による韓流操作の主張、フジテレビが謝罪
 

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP