주요 기사 바로가기

アンドロイド軍団が反撃… 「ギャラクシータブ10.1」来月発売

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.04 10:04
0
アップル「iPad2」が登場し、反対陣営の攻勢が強まる見通しだ。「iPad」と三星(サムスン)の7インチ「ギャラクシータブ」がタブレットPC対戦第2ラウンドの幕を開いたのだ。

まず三星電子は、スペイン・バルセロナで先月開催された「MWC2011」で10.1インチの「ギャラクシータブ」を発表したのに続き、今月22日には米オーランドの「北米移動通信展示会」(CTIA)2011」で8.9インチの「ギャラクシータブ」を公開すると予想される。両モデルとも「iPad2」の強力な対抗馬として注目される。アンドロイドのタブレット端末向け基本ソフト(OS)「ハニーコム」を搭載している。

昨年4月に出た「iPad」が1500万台ほど売れたのに対し、9月に登場した「ギャラクシータブ」は昨年200万台ほど売れ、比較的善戦したという評価だ。三星は10.1インチ「ギャラクシータブ」を早ければ来月から国内と米国で販売する予定だ。

LG電子も今月末、米移動通信会社T-モバイルからハニーコムを搭載した8.9インチの「オプティモスパッド」を出した後、上半期中に国内でも販売する計画だ。3D(3次元)撮影が可能だ。

初めてハニーコムを搭載したモトローラ「ズーム(Xoom)」も「iPad2」の強力なライバルになると予想される。先月24日に米ベライゾンワイヤレスを通して登場した。台湾HTCも近く、7インチディスプレーにハニーコム搭載の「フライヤー」を出す予定だ。

◇アンドロイド・ハニーコム(Honeycomb)=05年にグーグルがアンドロイドを引き受けた後、携帯用機器の基本ソフト(OS)としてアンドロイドを無料で公開してきた。09年のスマートフォン専用「ドーナツ」(アンドロイド1.6)以降、「エクレア(2.0、2.1)」、 「フロヨ(2.2)」、「ジンジャーブレッド(2.3、2.4)」と発展してきた。「ハニーコム」はタブレットPC専用に開発されたアンドロイド3.0。
【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮漂流住民、「こんなにおいしいものは初めて」 …中東民主化デモにも触れる
・少女時代の解体説が日本からじわじわと…確執原因は‘学歴差別’?
・クリントン長官、本音発言? 北朝鮮を支援する中国「現実政治」
・「国史を必修に…日・中の歴史歪曲に対抗すべき」
・中国漁船船員が凶器持って暴れる…警察が発砲し拿捕
   

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP