주요 기사 바로가기

「口蹄疫緊急救護協議ためFAO専門家チームが訪朝」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.02 10:48
0
北朝鮮の口蹄疫被害現況を把握し、緊急救護案を準備するため、国連食糧農業機関(FAO)の専門家チームが訪朝したと、米国の自由アジア放送(RFA)が1日明らかにした。

RFAはFAOのチーム長級の専門家と救護事業運営者2人がチームを組み、先月28日に平壌(ピョンヤン)を訪問したが、伝染病専門家と対北朝鮮事業運営要員の一部が追加で訪朝する計画だと伝えた。

食糧農業機関(FAO)関係者はRFAに「今回の派遣目的は北朝鮮の緊急救護規模と方法を把握すること」とし「北朝鮮政府関係者との協議で具体的な支援の種類と規模が決定されるだろう」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・北の謝罪に言及しなかった李大統領「いつでも開かれた心で対話」
・三一節に韓日ネットユーザーが誹謗戦」
・イ・ダヘ「またがんばりたい」…苦しい心情を吐露
・新都市にランドマーク…ベトナムに“建設韓流”
・オマーンの反政府デモ、首都に拡散…韓国経済に及ぼす影響は
 

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP