주요 기사 바로가기

口蹄疫のため…牛乳の代わりに豆乳

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.01 10:39
0
口蹄疫に物価上昇が重なり、牛乳の代わりに豆乳を求める人が増えていることが分かった。豆乳の場合、口蹄疫の影響を受けないうえ、価格も20%ほど安い。

オンラインショッピングモール「Gマーケット」は28日、「この2週間、豆乳の販売量が前年同期に比べて105%ほど増えた」と明らかにした。

これを受け、Gマーケットの飲料ベストセラー10位圏に「骨に行くカルシウム豆乳190mL96パック」(3万4100ウォン)、「レギュラー200mL24パック」(7900ウォン)など豆乳関連製品が登場した。こうした商品がベストセラーに入るのは異例だ。

「オークション」や「ロッテドットコム」など他のオンラインショッピングモールでも豆乳の売上高が11-30%ずつ増えている。「11番街」では先月の豆乳販売量が口蹄疫発病直前の昨年11月に比べて70%増えた。特に乳児用豆乳製品の売上高は133%も増えた。

粉ミルクやヨーグルトなど乳加工食品の販売量も増えた。「11番街」の場合、ヨーグルト販売量が230%増加した。

Gマーケットのユ・スギョン室長は「最近、保存期間が長くて安い代替乳製品を求める消費者が急増した。新学期を迎えて本格的に給食が始まる3月以降には、こうした製品の消費がさらに増えるだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP