주요 기사 바로가기

「米、韓国が要請なら戦術核再配置」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.28 08:40
0
米ホワイトハウスのサモア大量破壊兵器(WMD)政策調整官は26日(現地時間)、「韓国が米国に戦術核兵器の再配置を公式要求すれば、米国はこれに応じる」と述べた。サモア調整官はこの日、米タフツ大学が主催した「対北朝鮮対応」セミナーで記者と会い、私見を前提にこのように明らかにした。

サモア調整官は米政権の軍縮・不拡散・対テロ業務を総括する人物。前日、鄭夢準(チョン・モンジュン)元ハンナラ党代表が1991年に国内から撤収された米国の戦術核を再配置する必要があると主張したことに対し、サモア調整官は「その発言のことをよく知っている」とし「戦術核再配置問題に対する米国の立場は何も決まっていないが、韓国政府が再配置を公式要求すれば、米国は『イエス』と答えると確信している」と述べた。続いて「米国の同盟国である韓国が北朝鮮の核開発で安保に脅威を感じ、戦術核の再配置を要求すれば、米国が応じるのが当然だ」と強調した。米国の高官が戦術核再配置の可能性に言及したのは初めて。

サモア調整官は「現在、米国は原子力潜水艦や海外米軍基地など韓半島近隣の(核)戦力で韓国を十分に防御できる。戦術核再配置は軍事的なものではなく、象徴的・政治的な意味になるだろう」と述べた。また「(再配置される場合)戦術核の量は少ないはず」とし「韓半島撤収直前の90年代初め、空中発射用として航空機に積載された分量程度になるかもしれない」と説明した。

サモア調整官は中国の反発の可能性について、「中国は米国の戦術核再配置を防ぐためにあらゆる外交的テコを動員し、北朝鮮の核開発を抑えようとするだろう」とし「対北朝鮮経済援助を全面的に中断する可能性がある」と主張した。

オバマ米大統領が推進してきた「核のない世界」政策に背くのではという指摘に対しては、「米国の戦術核は(北朝鮮の非核化という)目標が達成されれば直ちに撤収できるものだ」と一蹴した。サモア調整官は「米国の戦術核再配置は全面的に韓国政府の決定によるもの」とし「現在は韓国内で再配置に対して合意されておらず、韓国政府がそのような(再配置要求)決定をする可能性は低いとみている」と述べた。

北朝鮮核問題に関しては、「北朝鮮は80年代初めの同じ時期に核開発を始めたイランより動機・能力でリードし、不拡散協定を破るのに世界記録を保有する最も執拗な(toughest)国家」とし、北朝鮮の核がイランの核よりも至急な問題であることを指摘した。続いて「オバマ政権は‘核のない世界’のために非核国家に核報復をしないと宣言したが、北朝鮮やイランはその対象から除外した」と強調した。

サモア調整官は「オバマ政権は‘先に南北対話、後に6カ国協議’原則を守っている」とし「特にオバマ大統領は李明博(イ・ミョンバク)大統領本人に対し、この原則を決心(commit)した」と強調した。

◇戦術核=核ロケット砲、核地雷、核魚雷などをいう。搭載・運搬が容易で、戦場で近距離軍事目標物を攻撃するのに使う。相手国の人口密集地域を焦土化し、戦争能力を失わせる戦略核兵器と区別される。韓国には91年まで群山(クンサン)米軍基地に配置されていた。米ソ間の核軍縮協定では射程距離500キロ以下の核兵器と定義されている。
【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮、韓米軍事演習控え「ソウルは火の海」と挑発
・「北の急変時には統一費用2525兆ウォンに」
・韓国鉄道公社、週末の一日に2件の事故 「ただの小さな故障なのに…」
・現代・起亜車、過去最大営業利益も日本車を下回る7位
・黄禹錫博士、リビア脱出の行列に混ざって帰国…「秘密裏にプロジェクト推進」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP