주요 기사 바로가기

日本経団連会長が政界批判…「国会議員は給料泥棒」

ⓒ 中央日報日本語版2011.02.23 11:16
0
「国会議員は税金を払っている国民のために何もしていない。給料泥棒のようなものだ」。日本経団連の米倉弘昌会長が民生を無視して政争に没頭している政界を批判した。

時事通信など日本メディアによると、米倉会長は21日、記者会見を行い、「責任ある国会議員として、きちんと行動してほしい」と述べた。

米倉会長は政界内で菅直人首相の退陣、衆議院の解散、総選挙を要求する声が高まっている中、日本の未来がかかる法案が放置されているとし、強い不快感を表した。新年予算案も処理が不透明な状況だ。

消費税引き上げをはじめとする税制改革と社会保障改革、多者間自由貿易協定の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加などの懸案が山積しているが、日本政界の関心は菅首相の退陣と衆議院解散に注がれている。

米倉会長は第1野党の自民党に対し、「政局にばかり没頭するのは国民の生活と国益を無視する行動だ」と批判した。
【今日のイチオシ記事】
・リビアから退避する韓国人に出国ビザ問題浮上
・浅田真央「キム・ヨナ選手と1年ぶりの対決に期待」
・「国家情報院の権力闘争が発端」…李明博政権は無能?
・<野球>李承ヨプ、原監督の前で3ラン…韓国メディアは「怒りの本塁打」と興奮
・日本携帯電話トップのシャープ、韓国市場に進出
   

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP