주요 기사 바로가기

日本サッカー界、代表選手手当で摩擦…「韓国は日当で受ける」

ⓒ 中央日報日本語版2011.02.23 10:49
0
日本メディアによると、日本サッカー協会(JFA)は22日、代表選手の手当引き上げ要求を拒否し、関連内容を公式ホームページで公開したという。

この報道によると、日本プロサッカー選手協会(JPDA)は代表選手の出場手当を少なくとも100万円(約1300万ウォン)に引き上げ、または大会賞金の50%分配を要求している。

その間、JFAは代表選手に出場手当としてAマッチ相手のFIFAランキングによって10万-20万円を差別支給し、賞金は25%が選手に分配されてきた。

しかしJFAはJPDAの要求に難色を表している。すでに代表選手に十分な手当を支給している状況で、その金額を高めた場合、赤字が避けられないという理由だ。特にJPDAの要求通り出場手当を100万円に引き上げる場合、Aマッチを1試合行う度に2億4000万円の赤字が発生すると明らかにした。

一方、大韓サッカー協会は今年から代表に招集された選手に出場手当ではなく日当で10万ウォン(約7500円)を支給している。従来は一日6万ウォンだった。その代わり賞金は日本より多い金額を代表選手に分配している。2010南アフリカワールドカップ(W杯)では賞金総額900万ドル(約101億ウォン)のうち42%の42億5000万ウォンを分配した。
【今日のイチオシ記事】
・リビアから退避する韓国人に出国ビザ問題浮上
・浅田真央「キム・ヨナ選手と1年ぶりの対決に期待」
・「国家情報院の権力闘争が発端」…李明博政権は無能?
・<野球>李承ヨプ、原監督の侑で3ラン…韓国メディアは「怒りの本塁打」と興奮
・日本携帯電話トップのシャープ、韓国市場に進出
   

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP