주요 기사 바로가기

放射能流出から白色非常発令まで謎の84分

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.22 08:52
0
20日に起きた放射能漏れ事故と関連し、韓国原子力研究院によると、研究院側は事故発生直後10分間作業者を待避させ状況把握に入った。その後責任者らを招集して会議をするまで50分ほど時間が流れた。午後2時10分ごろに緊急招集された責任者会議で白色非常発令をめぐり議論に入った。20分間の会議の末に午後2時32分に非常発令が下された。

放射線漏れ時の行動要領が書かれた「放射線非常計画遂行手続き書」では、事故発生後に放射線量が基準値より急激に上がり、15分後も基準値の10倍以下に下がらなければ非常発令を出すことになっている。この日韓国原子力研究院の原子炉周辺では事故発生15分後も平常時より数百倍以上放射線量が多かった。

これに対し韓国原子力研究院のハ・ジェヨン研究炉利用開発本部長は、「放射線量が突然高まった原因が何か把握された状態であり、非常発令を出したところで実益はなく、住民を混乱させることになるので会議まで開いたもの」と釈明した。規定に従って非常発令を出せば住民に恐怖だけ与える格好となり、それを避けるためには規定を破ることになるのでためらったということだ。事故原因となった回転筒は原子炉内の冷却水の中で鉛製の筒に入れた後に取り出す計画だ。冷却水の下に固定されていなければならない回転筒の固定具がはずれて上に浮び上がった理由を知るためだ。

ハ本部長は、「回転筒を取り出して非破壊方式で固定具の摩耗状況などを検査する計画で数日かかりそうだ」と話した。

事故は20日にシリコン塊を入れる箱を支えたまま回転するアルミニウム筒が原子炉冷却水の水面に浮び上がり起きた。アルミニウム筒から強い放射線が放出され研究院の建物内の放射線数値が急激に上昇した。
【今日のイチオシ記事】
・銃刀を持ったリビア住民、現地建設現場を襲撃…韓国人3人負傷
・「国情院の介入、確認してほしい」…インドネシアが韓国に뎐式要請
・キム・ヨナが1年ぶりに復帰…東京での世界選手権で新記録出すか
・原発はUAEに輸出したが…李大統領のT-50輸出への執念
・少女時代、日本でKARAめぐる質問に困惑


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP