주요 기사 바로가기

「金正日に脅威を」…急げば“高くて低性能”のF-35初期型購入することに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.20 09:41
0
F-35事業にずれが生じる場合に対する韓国軍の対応が明らかになったことはない。むしろ1月に国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官は“こうした状況にもかかわらず”ステルス機の早期導入を指示した。しかし導入を急いだ場合にはF-35をとても高い単価で購入することになる可能性が高い。

米国航空専門記者のビル・スウィートマンの分析によると、F-35の価格は初期が最も問題だ。2016年引き渡し分のF-35Aの1機当たり平均価格は1.93億ドルだ。2017年に1.72億ドル、2018年に1.51億ドル、2019年に1.30億ドル、2020年に1.1億ドルと徐々に下がっていく。このように初期価格は高く、米空軍も発注を敬遠する。「世界的な注文減少-生産縮小-価格上昇」という悪循環の中でみんなが敬遠する初期低率生産された機体を購入してはならない。最も良い選択は「高い初期生産分は米国が買い、韓国は後で購入すること」だ。

さらに性能問題も台頭する。1月14日にゲイツ米国防長官が中国訪問を終えた帰路に韓国を訪問し、F-35Aブロック0.5戦闘機35機を2015年から供給できるとして韓国空軍に購入を要請したという報道が出された。これまで「2016年までに供給することができる」としたロッキード・マーティンより1年早く供給できるということだ。これに対して青瓦台(チョンワデ、大統領府)と空軍関係者は「なにもわからない」とした。しかし事実の場合は受け入れが困難な提案だ。

米会計分析局の資料によると、「ブロック0.5」は基本訓練用機で戦闘任務に投じることはできない初期型だ。以後「ブロック1.0」「ブロック2.0」「ブロック3.0」に進化する。2016年に初歩的機能の「ブロック1.0」が米空軍に最初に配置され、「ブロック2.0」になって攻勢的対空任務、航空遮断、近接航空支援など一部戦闘任務を遂行することができる。「ブロック3.0」でようやく敵陣深くに浸透して防空網を除去する任務と防衛的制空作戦などほとんどの主要任務を遂行できるようになる。

したがって韓国が“韓米同盟”を考慮して「ブロック0.5」を導入すれば、まず当面の戦略増強効果はない。「ブロック3.0」水準になるまで“多くの金を払って”段階別に性能改良を受けなければならない。そうしてこそ対北朝鮮作戦に本格的に投じることができる。現在開発に難航している「ブロック3.0」のソフトウェア開発完了目標が2016年末だ。これに1年ほどの作戦遂行能力評価を経て初期作戦配置が可能になる。そのため早くても2017年に米空軍に「ブロック3.0」の配置が可能になる。すなわち2017年以後に「ブロック3.0」を購入してこそ本当の戦闘機という話だ。老朽戦闘機の戦力補給が急がれるからと、早く金正日(キム・ジョンイル)に脅威を与えなければならないからと、急ぐことではない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP