주요 기사 바로가기

“雪爆弾”で現代車蔚山工場が休業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.15 13:45
0
嶺東(ヨンドン)地方に続いて嶺南(ヨンナム)地方までが‘雪爆弾’を浴びた。

14日、浦項(ポハン)の最高積雪量は26.5センチ、昌原(チャンウォン)15.2センチ、大邱(テグ)8センチ、釜山(プサン)6.8センチ、蔚山(ウルサン)20.9センチだった。

積雪量は嶺東地方に比べると少ないが、普段は雪があまり降らない地域であるため、交通渋滞など大きな混乱が発生した。

釜山は1904年の気象庁観測以来、8番目に多い積雪量を記録した。この日、金海(キムヘ)空港では178便の航空機のうち5便だけが正常運航するなど、嶺南圏の空港で欠航が続出した。

蔚山の全学校(412校)と釜山の小学校(143校)が午前または午後から休業となった。大邱と釜山の地下鉄利用客は普段に比べて50-60%増えるなど一日中混雑した。現代自動車の蔚山工場はこの日、大雪のため休業とした。
【今日のイチオシ記事】
・<口蹄疫>「春になれば土からにおいが」…青瓦台が超緊張
・KTX事故、防ぐ機会はあったが…“総体的な見直しが必要”
・KARA、3人の提訴により“1グループ2体制”になる?
・K-POP盗作問題 「何千万ウォンか支払えば…」
・「北朝鮮、住民暴動に備え平壌都心部に戦車を秘密配置」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP