주요 기사 바로가기

KARA、結局解散か…また専属契約無効訴訟へ

ⓒ 中央日報日本語版2011.02.14 17:48
0



KARAの3人のメンバー、ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンが所属事務所DSPエンターテイメントを相手取り、専属契約不存在確認訴訟を起こした。

1月19日にDSPメディアを相手に専属契約解約を通報した後、対話を通して合意する雰囲気だったが、14日、ソウル中央地裁に専属契約不存在確認訴訟を起こした。

KARAの日本活動をきっかけに和解を期待したファンには衝撃的なニュースだ。DSP側も当惑している。DSP側は「現在対応策を話し合っている」と明らかにした。
【特集】東方神起に続きKARAも・・・韓国アイ梃ルグループの専属契約紛争

【今日のイチオシ記事】
・3回の異常信号…なぜKTX運行を中断しなかったのか
・中国が世界2位の経済大国に…日本は3位
・K-POP界盗作問題、韓流イメージの失墜が懸念
・KARAの5人、日本での撮影終え帰国
・南楊州で謎の爆音、“北の南侵トンネル説”も


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    KARA、結局解散か…また専属契約無効訴訟へ

    2011.02.14 17:48
    뉴스 메뉴 보기
    KARAの3人のメンバーが所属事務所を相手取り、専属契約不存在確認訴訟を起こした。
    TOP