주요 기사 바로가기

<野球>大人気の斎藤佑樹、三星の朴漢伊とガーコが犠牲者?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.02.14 12:04
0



「新しい王子の時代が開かれた」。13日に行われた三星(サムスン)ライオンズ-日本ハム・ファイターズの練習試合は、この日登板した‘ハンカチ王子’斎藤佑樹(22)に関心が集中した。斎藤は4回に登板し、1イニングを無安打に抑えた。

日本のスポニチは14日、三星ライオンズのライアン・ガーコのメジャー経歴を詳述した。ガーコが05年、クリーブランドでデビューし、昨シーズンまでテキサスで活躍しながら55本塁打を放ったということだ。しかし記事は結局、「そのガーコを斎藤が遊ゴロに仕留めた」という内容だった。斎藤を強調するための長い前置きだったのだ。

同紙は「MLBの大砲ガーコが『新人がデビュー戦でこんなに落ち着いて投球できるなんて驚いた。低めに徹底して集めてきた』と絶賛した」と強調した。また「03年に韓国で170安打をマークした朴漢伊(パク・ハンイ)も斎藤に三振を喫した」と伝えた。

試合が行われた名護球場には5200人のファンが集まり、斎藤に注目した。


【今日のイチオシ記事】
・3回の異常信号…なぜKT瞂運行を中断しなかったのか
・中国が世界2位の経済大国に…日本は3位
・K-POP界盗作問題、韓流イメージの失墜が懸念
・KARAの5人、日本での撮影終え帰国
・南楊州で謎の爆音、“北の南侵トンネル説”も

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>大人気の斎藤佑樹、三星の朴漢伊とガーコが犠牲者?

    2011.02.14 12:04
    뉴스 메뉴 보기
    ‘ハンカチ王子’こと斎藤佑樹(22、日本ハム・ファイターズ、写真=スポーツ報知)。
    TOP