주요 기사 바로가기

絶えることのないパク・チニョンの盗作疑惑

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.02.14 10:33
0



パク・チニョンが作曲・プロデュースした一部音楽は歌謡界の内外で常に盗作疑惑が提起されてきた。リャンヒョンリャンハ「ダンスがなんだ」が代表的だ。2000年の発表直後、サー・ミックス・ア・ロットの「Baby Got Back」を盗作したという疑惑を受けた。この歌はアルバムジャケットにパク・チニョン作曲と明記されているが、現在の著作権者はユニバーサルになっている。

パク・チニョンのソロアルバムも盗作問題に巻き込まれた。5集収録曲「Kiss Me」はアルバム歌詞カードに「スティービー・ワンダーのsuperstition挿入」という表記の後にパク・チニョン作詞・作曲と明記されているが、韓国音楽著作権協会資料にはスティービー・ワンダーが作詞・作曲で100%の著作権を所有していると出ている。パク・チニョンは2007年にネットユーザーとの質疑応答で、「似たスタイルの音楽を作ることと、偶然に似たものは盗作ではない」と話したことがある。

写真はパク・チニョン(右)とペ・ヨンジュンが共同企画したドラマ「ドリームハイ」制作発表会での一場面。盗作騒ぎを生んだパク・チニョン作曲の「Someday」はこのドラマの挿入曲だ。
【今日のイチオシ記事】
・3回の異常信号…なぜKTX運行を中断しなかったのか
・中国が世界2位の経済大国に…日本は3位
・K-POP界盗作問題、韓流イメージの失墜が懸念
・KARAの5人、日本での撮影終え帰国
・南楊州で謎の爆音、“北の南侵トンネル説”も


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    絶えることのないパク・チニョンの盗作疑惑

    2011.02.14 10:33
    뉴스 메뉴 보기
    パク・チニョン(右)とペ・ヨンジュンが共同企画したドラマ「ドリームハイ」制作発表会での一場面。
    TOP