주요 기사 바로가기

【噴水台】八百長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.11 13:30
0
スポーツの勝負操作の可能性に対して統計学的にアプローチしたのは米国の行動経済学者スティーブン・レビットだ。レビットは『ヤバい経済学(Freakonomics)』で日本の相撲を分析した。1989年1月から2000年1月まで力士281人が行った3万2000回の対戦に関するデータを出した。力士の対戦に不正な取引が行き来した可能性が高いという結論を出した。

相撲は韓国シルムの‘天下壮士’に相当する‘横綱’が属する幕内を頂点に、十両を含む上位リーグとその下の下位リーグに分かれる。十両に上がってこそ月給も受け、‘人間らしく’生活できる。それ以下の番付の力士は月給が一銭もなく雑用をする。1場所15番のうち8勝以上してこそ昇格する。レビットは7勝7敗の力士が8勝目を目指して臨む最終日の対戦に注目した。7勝7敗の力士が8勝6敗、9勝5敗の力士と対戦した時、それぞれ80%、73.4%の勝率を記録した。普通50%にすぎない勝率が80%台に急激に上がるのは、相手が故意に負けるからだと推論した。お金または次回の対戦で故意に負けるなど、補償の約束が働いたということだ。これを「インセンティブの誘惑」といった。

レビットの主張が相撲界で実際に確認され、日本列島が大騒ぎになっている。力士が金銭をやり取りしながら勝敗を操作していたことが最近明らかになった。日本の国技の相撲が「八百長」だったということに日本の国民はショックを受けた。菅直人首相は「国民に対する背信行為」と述べた。相撲が存廃の岐路に立たされたいう。

スポーツは‘シナリオのないドラマ’を演出する。競技結果に対する不確実性という前提条件が満たされた時にそうだ。操作された勝負は偽りの歓喜と感動に陥った背信であり罪悪だ。しかし故意に負けたり、審判または相手選手を買収する勝負操作は、不可避なもののように現実の中で時々起こる。韓国にも似た容疑がある。昨年、ショートトラックの国家代表選抜で‘八百長’が明らかになり、「eスポーツ」はプロゲーマーの勝負操作醜聞で汚れている。サッカーと野球でも雑音が消えない。

操作の誘惑はスポーツ選手に限ったものではない。社会生活でも順位は重要だ。墜落か上昇かの分かれ目で不正な誘惑は甘く近づいてくる。瞬間の致命的誘惑を振り払えなければ、本人も組織もすべて崩壊するおそれがあることを、相撲界の波紋は見せている。

コ・デフン論説委員
【今日のイチオシ記事】
・「中国出身アイドルを追放しよう」意見に冷たい反応
・地몉鉄で韓国人女性にセクハラをする白人の男、ネットで非難集中
・ロッテ、二男・辛東彬氏が会長に…2世経営が本格化
・「北朝鮮が長射程砲装填」…3月韓半島危機説も


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP