주요 기사 바로가기

金正日・正恩の王朝世襲イベント…平壌はリノべーション中(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.09 10:04
0
北朝鮮の平壌近代化プロジェクトは後継体制とは切り離しにくい。「強盛大国入りの年」に設定した来年を控え住民に顕著な成果を示し、金正恩への権力委譲の速度を上げようとするものとみられる。北朝鮮が労働党規約改正を通じて労働党を「金日成の党」、北朝鮮を「金日成朝鮮」と規定し3代世襲の制度的枠組みを準備したのもこうした脈絡だ。

中央大学のイ・ジョウォン教授(政治外交学)は、「北朝鮮は人民の生活向上を前面に出し平壌の近代化を進めてきたが、最近では外形的な変化を強調して後継者の成果として強調しようとしているようだ」と話した。“強盛大国”は金日成主席死去から3年後に労働党総秘書となった金正日が初めて掲げた青写真だった。だからこそ来年に顕著な成果がない場合には、3代世襲が揺らぎかねない。

首都建設委の司令部再編には資源と資金が不足した状況で住民たちを動員しようとする意図も見える。国民大のチョン・チャンヒョン兼任教授(北朝鮮学)は、「北朝鮮は“革命の主力軍”を労働者・農民から軍に変えた。一般政府組織を軍に配属したことはこういう変化を反映しながら2012年を迎え住民たちを動員し効果的に統制するためのもの」と話した。北朝鮮が昨年9月に全国に散在している青年突撃隊を人民軍旅団に編入させ正規軍化したのもこうした動きとかみ合っているという分析だ。青年突撃隊は軍隊に行かない人々を集めて各種工事に動員するために作った組織だ。平壌以外の都市にも近代化の風が吹いているという話だ。
金正日・正恩の王朝世襲イベント…平壌はリノべーション中(1)

【今日のイチオシ記事】
・ノーベル賞に最も近い韓国人 「賞のことは考えない」
・北朝鮮、中国産動物用飼料を軍人らに配給」
・韓国トヨタ社長「現代車のリーダーシップを学びたい」
・有望作家が夭折 「残りのご飯をください」遺言に衝撃…映画関係者の生活苦
・100億ウォン台の遺産めぐり南北の兄弟が争い

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP