주요 기사 바로가기

「韓国軍、早ければ2015年にステルス機飛ばす」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.31 08:23
0
敵軍のレーダーに映りにくいステルス機能を備えた第5世代戦闘機が2016年ごろ、韓国軍に導入される見込みだ。

軍は2016年から計60機の次世代航空機を導入して運営する計画を立てたが、昨年末、予算当局と国会の反対を受け、国防予算に次世代戦闘機(FX3次事業)の手付金157億ウォン(約12億円)を反映できなかった。しかし最近、政府と軍では事業を早期に着手する方向に雰囲気が変わったと、軍当局者は伝えた。これを受け、早ければ2015年にステルス戦闘機を導入できるという見方も出てきている。

軍当局者は「金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官が24日、防衛事業庁業務報告当時(FX3次事業を)、早期に推進する案を用意しろと指示した」とし「国民に進行手続きを説明して障害物をなくし、早期に進めろと強調した」と伝えた。

政府が次世代戦闘機事業を加速するのは、北朝鮮の天安(チョンアン)艦爆沈と延坪島(ヨンピョンド)攻撃で表れた非対称戦力に対し、空軍の精密打撃能力を高めるためとみられる。ハンナラ党の劉承ミン(ユ・スンミン)議員(国防委員会)は「北朝鮮の長射程砲など非対称戦力を克服するため、先端航空機の確保が急がれる」と指摘した。

日本・中国の動きとも無関係ではない。11日、中国が最初のステルス戦闘機「殲20」を試験飛行したことを受け、ステルス機の確保を急ぐ必要があるという分析だ。

日本は2016年の完成を目標にステルス戦闘機「心神」(ATD-X)を開発中だ。また日本は米国・英国など9カ国が共同開発中のステルス戦闘機F-35の導入も推進している。当初、現存最高のステルス機F-22機を米国から導入する計画だったが、これが実現せず、F-35機の導入に目を向けた。

FX3次事業対象機種には、米ロッキードマーティンが中心になって開発中のF-35(ライトニング)、ボーイングのF-15SE(サイレントイーグル)、欧州航空防衛宇宙産業(EADS)のEF-2000(タイフーン)などが挙がっている。このうち完ぺきなステルス機能を備えた戦闘機はF-35が唯一で、現在の時点ではF-35が有力だ。

軍は運営の効率性に言及しながら、60機で1個飛行団を形成するという立場だ。しかし韓半島の安保環境を考慮すれば、ステルス機と武装力が高い機種を混ぜて運用する必要性が提起される。軍関係者は「F-35の価格が最近上がっていて、費用の面で負担になる。ステルス機と武装能力が優れたF-15KやF-15SEを配合して導入することも代案になるだろう」と説明した。
【今日のイチオシ記事】
・日本サッカーの英雄になった李忠成、「私の姓はLEE」
・<アジア杯>日本のネット住民「李忠成のゴール素直に喜べない」
・「韓国軍、早ければ2015年にステルス機飛ばす」
・日本国債格下げ、中国不動産税が韓国に与える影響
・海賊5人が釜山へ、容疑が立証されれば最高で死刑の可能性も


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP