주요 기사 바로가기

「拉致されたクムミ号、海賊行為に動員」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.26 09:06
0



25日午後、オマーン最南端の港町サラーラのスルタンカブース病院。「三湖(サムホ)ジュエリー号」救出作戦中に銃撃を受け負傷したソク・ヘギュン船長(58)は伝統イスラム様式で建てられたこの病院の集中治療室で集中治療を受けていた。病院周辺には突発的な状況に備えオマーン警察がものものしい警戒を展開していた。

ソク船長は21日に銃弾摘出手術を受けてから現在回復中だ。追加手術が必要だがソク船長の血小板の数値が落ちており2度目の手術は延期された。血小板の数値が低いと手術中に出血が止まらない恐れがあるためだ。この日医療スタッフはソク船長の状態を定期的にチェックした。ソク船長はこの日もほとんど睡眠をとっていた。

これに先立ち22~23日には現地に進出した韓国企業の一部従業員が血小板供給のために献血した。病院関係者は「ソク船長を助けるための韓国人の献身が印象的。ソク船長もよく耐えている」と話した。政府関係者は、「いまはソク船長の身体の状態を綿密にチェックしている。ソク船長はしばしば手と首を動かしている」と話した。彼は「現在のソク船長の状態が手術を受けるには適していないが、危険な状況ではないと理解している」と付け加えた。


【今日のイチオシ記事】
・金正恩、金正日に随行せず単独訪中か
・<アジア杯>韓国、PK戦の末、日本に惜敗
・<アジア杯>奇誠庸が“猿セレモニー”釈明 「旭日旗にカッとなった」
・KARAメンバー3人の要求条件を入手、経営陣交替と...
・<野球>金炳賢、楽天と契約…1年・4億4700万ウォン


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「拉致されたクムミ号、海賊行為に動員」

    2011.01.26 09:06
    뉴스 메뉴 보기
    海賊らに拉致される前に「クムミ305号が」ケニア、モンバサ港に停泊している姿。(写真=キム・ジョンギュ氏)
    TOP