주요 기사 바로가기

リビアで相次ぎ韓国系工事現場襲撃…450億ウォンの被害

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.24 08:28
0
リビアで韓国系建設会社の工事現場が相次いで現地住民による襲撃を受け大きな被害が出ていることがわかった。

建設業界が23日に明らかにしたところによると、リビアに進出している韓国系建設会社の建設工事現場3~4カ所に14日から15日にかけ現地住民が相次いで乱入し、450億ウォン(約33億円)相当の財産被害を及ぼした。一部現場では建設資材など高価な装備が略奪され、工事用車両と資材倉庫に火をつけられたりもした。海外建設協会関係者は、「今回の事件はカダフィ大佐の国民向け談話内容のうち、“建設中のアパートは国民のもの”という内容が誤って伝わり、現地住民たちがアパートをあらかじめ確保しようとして建設中のアパートに侵入して起きたハプニングと理解している」と話した。

これに対し国土海洋部の都泰鎬(ト・テホ)建設政策官は、「現在襲撃事件は鎮静局面に入り、リビア政府は今回の財産被害を補償すると明らかにしたと聞いている」と話した。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】アデン湾の快挙が残した課題
・リビアで相次ぎ韓国系工事現場襲撃…450億ウォンの被害
・<アジア杯>短いパスで攻撃する日本代表への対策は…
・孫正義会長「KARAは良い、解散に反対」発言が話題に
・KARAの3人、復帰条件に経営陣交替を要求
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP