주요 기사 바로가기

南北高位軍事会談、2月中旬が有力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.22 11:08
0
政府は21日、北朝鮮との高位級軍事会談に向けた準備作業に着手した。

軍事会談の主務部処である国防部と会談運営を支援する統一部など関係部処は対策会議などを相次いで開き、来週半ば北朝鮮に予備会談を提案する方針を固めた。

予備会談では高位級会談首席代表(北朝鮮は団長)の級や議題を決めることになる。予備会談やソル(旧正月)連休を考慮すると、高位級会談の開催時期は2月中旬ごろになる可能性が高い。

北朝鮮が提案した「高位級」が何を意味するかはまだ明らかでない。南北会談に関与してきた当局者は「北朝鮮が国防相会談をする考えなら『人民武力部長と国防長官間の会談』と明示したはず。予備会談で北朝鮮側に打診しなければならない問題」と話した。

政府は予備会談で延坪島(ヨンピョンド)攻撃だけでなく天安(チョンアン)艦爆沈に対する北朝鮮の立場表明がなければならないという立場だ。千海成(チョン・ヘソン)統一部報道官は21日の記者会見で、「天安艦・延坪島問題については当然、北朝鮮が認めて謝罪し、韓国国民が納得できる水準の責任ある措置が必要」と強調した。

しかし北朝鮮は21日、金英春(キム・ヨンチュン)人民武力部長名義で前日に送った対南通知文の内容を官営メディアを通して詳細に公開し、神経戦を繰り広げた。北朝鮮は「書簡では会談の議題を、天安号事件と延坪島砲撃戦に対する見解を明らかにし、朝鮮半島の緊張状態を解消することについてとしている」と強調した。

鄭永泰(チョン・ヨンテ)統一研究院選任研究委員は「天安艦・延坪島問題を議題化しながらも、この問題は南側との議論対象ではなく、北朝鮮軍部の立場を一方的に明らかにすることであることを知らせようとしている」と述べた。

北朝鮮は通知文で「1月末ごろ予備会談、2月上旬に高位級軍事会談」を提案したことが明らかになった。政府は北朝鮮に別途に提案する予定の非核化会談の場合、外交通商部を主軸に推進するという立場だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP