주요 기사 바로가기

電気自動車充電インフラの構築 5兆5000億ウォン必要

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.20 16:30
0
知識経済部は電気自動車の充電インフラ構築に5兆5000億ウォン(約4000億円)の費用がかかると19日、明らかにした。

韓国スマートグリッド事業団が最近提出した報告書によると、2020年までに電気自動車100万台を普及すると仮定した場合、家庭用および緩速・急速充電器52万台を設置しなければならない。これに1兆9000億ウォンが必要となる。基礎工事には2兆1000億ウォンほどかかる。

また現在の電力供給能力では不足し、少なくとも630メガワットほどの電力設備を増設する必要がある。この規模の新しい発電所を建設するのに1兆5000億ウォンの費用がかかる見込みだ。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】時代錯誤的な「韓米ミサイル指針」 必ず改めるべき
・KARA「日本の収益1~2%」、所属事務所「両親らの突出行動」
・「弾道ミサイル射程距離1000キロ以上に」…韓米が交渉開始
・中国、今碓は海で…「ステルスミサイル高速艇」公開
・<アジア杯>1ゴールも決められなかった北朝鮮、8強ならず
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP