주요 기사 바로가기

ジュンス出演の韓米創作ミュージカル、チケット1万枚が5分で売り切れ(2)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.01.11 12:06
0
◆「真正さを見守ってほしい」=リトルは半分ぐらい韓国人になっているように見えた。 「のりまきとキムチジョン、プルコギが本当においしい」と話した。英語の「パン」(Bread)と名前が似ているので韓国で「パンおじさん」というニックネームがついたという事実も知っていた。

やはり気になるのは歌が上手な秘訣――。彼は「歌詞を何度も繰り返し読んでみる。それで独特のリズムが生まれる。そこに曲のメロディを乗せる。どれくらい格好良く歌うのかでなく、どのように伝えるのかでミュージカルの歌の魔力ができる」と説明した。次回は「ラ・マンチャの男」もやりたいという意向をほのめかした。

キム・ジュンスはすでに「モーツァルト!」で、15回出演分4万5000枚のチケットをソールドアウトにしたことがある。今回もチケットパワーは変わらなかった。昨年末に1万枚の1次販売分はチケット発売開始5分で売り切れる記録を生んだ。彼はミュージカルにどっぷりはまったように見えた。

「ミュージカルが出す力、感情、歓喜が胸を熱くさせる。自分ではない別の役に変身するということ、それも演技だけでなく歌と踊り、動作、行動などを一緒にするという点でミュージカルには芸術のすべてが含まれているようだ」。

歌手として歌う時との差についても明快に答えた。「以前は歌を歌う時はただ実力を見せようとしたが、ミュージカルをしながら“節制”がどれくらい重要な美徳かを学んでいる」。

それでもスターキャスティングと高額出演料に対しては負担があるということを隠さなかった。「私がミュージカル俳優だったとしても、一度もミュージカルをやったことのない若い人がいきなりきて主人公となったら美しく見えないだろう。だが、それは私がどうにかできる問題ではないのではないか。練習する時、舞台に立つ時、ただ一度すれちがうのではなく、本当に熱心にやる姿を見せることで答えるしかないようだ」。

キム・ジュンスは“真正さ”という単語を何度も使った。「幼い時からミュージカル俳優を夢見ていた。まだ足りないがしっかりとしたミュージカル俳優として認められたい。ミュージカルに真正さを持って、愛着を持って、集中している。一歩進んでいることをお見せしたい」。


ジュンス出演の韓米創作ミュージカル、チケット1万枚が5分で売り切れ(1)

【今日のイチオシ記事】
・韓日国防相会談に中国は戦々恐々
・<アジア杯>韓国、2-1でバーレーンに勝利…具滋哲が2得点
・三星のスライディングPCに「ワォ」と感嘆
・CNBLUE、日本でオリコンデイリーランキング2位に
・【コラム】日本が安保パートナーになるには
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP