주요 기사 바로가기

米中国防相「軍事分野で信頼強化を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.11 08:39
0
中国を訪問中のロバート・ゲーツ米国防長官は10日、北京で梁光烈中国国防相に会い、「両国が誤解を避けるためには軍事分野の信頼を強化する必要がある」と強調した。

この日の中国国営新華通信社によると、両国防相は中国国防省の庁舎で国防会談を終えた後、合同記者会見を行った。

ゲーツ国防長官は「私たちは(軍事レベルで)コミュニケーションの問題・誤解・誤った判断を減らすため、政治に影響されず、軍と軍の関係を強化し、持続していくのが重要だという認識で一致した」と明らかにした。これに対し梁国防相も「持続的で信頼できる軍と軍の接触が誤解と誤った判断を減らすと考える」と共感を表した。

しかし梁国防相は台湾問題については断固たる立場を見せた。梁国防相は「米国が台湾に武器を販売するのを中国は二度と見たくない」とし「台湾に対する米国の武器販売に中国は一貫して反対する」と強調した。

昨年1月、米国が台湾に64億ドル分の武器を販売したのを指摘したのだ。当時、米国の行為に中国が強く反発し、予定されていたゲーツ長官の訪中や中国人民解放軍の陳炳徳総参謀長の訪米をはじめとする両国の軍事交流が1年間行われなかった。

今回の会談では、18-21日に予定された胡錦濤国家主席の米国国賓訪問を控えて、国防分野の実務調整もある程度行われた。
【今日のイチオシ記事】
・韓日国防相会談に中国は戦々恐々
・<アジア杯>韓国、2-1でバーレーンに勝利…具滋哲が2得点
・三星のスライディングPCに「ワォ」と感嘆
・CNBLUE、日箖でオリコンデイリーランキング2位に
・【コラム】日本が安保パートナーになるには
   

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP