주요 기사 바로가기

ルノー産業スパイ事件、LG化学のバッテリー技術も流出?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.10 12:32
0
電気自動車関連技術を社外にもらした容疑を受けている仏ルノー自動車の経営陣が、LG化学の二次電池技術も持ち出した可能性があると、海外メディアが相次いで報じている。

ブルームバーグ通信は8日(現地時間)、匿名の消息筋を引用し、機密流出に関連したとルノー経営陣3人は、LG化学と日産が開発したエンジンパワーパックに接近する権限を持っていた、と報じた。

ある仏時事週刊誌の電子版もこの日、流出した機密の中には電気自動車用バッテリー製造技術に関する細部内容が含まれている、と報じた。

 
これに関し、ルノーのパトリック・ ペラタ最高執行責任者(COO)は仏ルモンドとのインタビューで、「車両設計とコスト関連情報は海外のライバル会社に渡ったとみられるが、バッテリー技術は流出していないようだ」と述べた。

日産側は「ルノーから関連情報を受けているところ。日産に何らかの衝撃があれば直ちに相応の措置を取る」と明らかにした。LG化学側は「技術流出に関する事実関係を確認したが、現在の段階では事実でない」と話した。

これに先立ちルノーは、電気自動車技術情報を外部に流出した容疑で、ミッシェル・バルタザール副社長ら幹部3人の職務を停止させた。

ルフィガロなど海外メディアによると、現在、フランス国内の中央情報局(DCRI)は中国の関連について調べているという。ベッソン仏産業相はこの日、「経済戦争が激しくなっており、フランス企業の情報保護措置はさらに強化される必要がある」と明らかにした。


【今日のイチオシ記事】
・李健煕サムスン会長「韓国、油断すればまた遅れる」
・中国、米国防長官の訪問前にステルス滑走試験…軍事力を誇示
・チェ・ジウ、草なぎ剛主演の日本ドラマに䚗情出演
・金滉植総理「28歳の金正恩が北朝鮮を統率できるか疑問」
・「竜山惨事」で退任の元ソウル警察庁長、大阪総領事に内定

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP