주요 기사 바로가기

日本、ロボットを活用して海底資源採掘へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.08 11:27
0
中国のレアアース輸出禁止に困惑している日本政府が、レアメタルの安定的な確保のために「海底ロボット」など先端技術総動員令を出した。

日本政府は先端機器を活用し、水中に眠っている金・銀およびレアメタルを採掘するシステムを開発することにしたと、読売新聞が7日報じた。日本はレアメタルのほぼ全量を輸入に依存している。

日本政府は今年から沖縄・小笠原・伊豆など、金・銀とレアメタルが埋蔵していると推定される海域を中心に「海底熱水鉱床」採掘試験を始める。遅くとも10年以内に商業化する方針だ。海底熱水鉱床には亜鉛や銅をはじめとする一般金属、ニッケル・カドミウム・コバルトなどレアメタル成分が多量に含まれていている。

国際海底機構(ISA)は海底熱水鉱床の価値を1トン当たり489-1360ドル(平均819ドル/トン)と推定している。特に日本周辺の海に存在し、含有量も多いため、その規模は200兆円(約2700兆ウォン)にのぼると推定されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP