주요 기사 바로가기

“文学青年”辛格浩会長、『若きウェルテルの悩み』に感銘して「ロッテ」命名(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.05 11:10
0
辛格浩会長は普段から「ウェルテルはシャルロッテに対する愛と情熱のために楽しみ、時には悲しみ、その情熱の中に自分の命を燃やすことができた」と話してきた。「情熱があればどんなに難しいことでも楽しく乗り越えられるが、情熱がなければ興味もなくなり、仕事の能率も悪くなる」とし「経営者の情熱と職員の情熱が一つの総体として表れる時、その会社は大きな発展が約束される」と強調してきた。

辛会長は67年、資本金3000万ウォンでロッテ製菓を設立し、韓国でも事業を始めた。ロッテグループは製菓・デパート・飲料・マートに手を広げ、「流通王国」に成長した。昨年、売上高は過去最大の61兆ウォンを記録した。09年の売上高47兆3000億ウォンに比べて30%近く成長し、財界5位の地位を固めた。

◇グローバル経営の元年=辛会長は4日、小公洞(ソゴンドン)ロッテホテル34階の執務室で、グループ政策本部とロッテチルソン飲料の事業計画に関する報告を受け、新年公式日程を開始した。高齢にもかかわらず、現場経営はさらに活発になっている。奇数月には韓国、偶数月には日本で過ごすが、最近は韓国に滞在する期間が日本より長くなっている。

海外現場の管理は辛会長の代わりに主に息子の辛東彬(シン・ドンビン)副会長がしているが、グローバル経営に対する愛着は強い。辛会長は新年のあいさつでも「数年間かけて着実に準備、施行してきたグローバル経営が定着しつつある」と満足感を表した。その一方で「これで満足してはならない。海外市場での現地化を通して事業を定着させてほしい」と注文した。
“文瞊青年”辛格浩会長、『若きウェルテルの悩み』に感銘して「ロッテ」命名(1)

【今日のイチオシ記事】
・スキージャンプ式に航空機が離陸 中国初の空母の威容
・【分析】中国を意識した韓国政府「まだ…」 日本との軍事協力に慎重
・<サッカー>韓国代表、アルジャジーラに2-0勝利
・「韓日の若者の心開きたい」姜帝圭監督が制作費過去最大の戦争映画でカムバック
・「アテナ」出演のBoA、「本当は気難しくないです」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP