주요 기사 바로가기

任天堂「3DS」ゲーム機 「子どもの目の成長に悪い影響」警告

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2010.12.31 15:36
0
日本の任天堂が自社のホームページで、近く発売される携帯型3次元立体ゲーム機「ニンテンドー3DS」は6歳以下の子どもの健康に悪い影響を与える可能性があると警告したと、USAトゥデイなどの米メディアが30日報じた。

これによると、任天堂は「3次元立体映画やテレビなどが含まれた任天堂3DSは左右の目に異なるイメージを見せるため、成長期にある6歳以下の子どもの目に悪い影響を与える可能性がある」と説明しているという。

任天堂は特殊眼鏡なしに3Dゲームを楽しめる3DSを6歳以下の子どもは利用しないよう勧告しているほか、成人を含む6歳以上の利用者も30分ごとに休憩をとるよう勧めている。 また任天堂は、利用者が立体感を弱められる機能、さらに保護者がゲーム映像を2次元に制限する機能も付けている。

3DSは日本で2月26日に、米国・欧州・豪州などでは3月中に発売される予定。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP