주요 기사 바로가기

「ロボットが韓国で英語を教える」…海外トピックに登場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.30 09:49
0



国内のロボット英語講師「インキー」(Engkey=EnglishとKeyの合成語)が海外で話題になっている。

27日午前、大邱市(テグシ)ハクジョン小学校「イングリッシュゾーン」で初めて授業を行ったインキーは、「クリスティーナ」「トム」など児童の英語名を呼んだり、児童の前を動きながら、授業を進行した。

米AOLは28日、AFPなどを引用し、「韓国の学校でロボットが英語を教える」と題して報道した。豪ラジオ「オーストラリアニュース」は「英語教師の遠隔操縦でロボット英語授業が行われる」と説明した。

英デイリーメールも「アンニョン、私はロボット先生」と題して海外トピックで扱った。デイリーメールは「ロボットが本を読み、頭と腕を動かし、音楽に合わせて踊る」と紹介した。白い卵型のこのロボットは、米時事週刊誌タイムが最近「2010年世界50大優秀発明品」に選定するほど世界的な注目を浴びている。

インキーはテレプレゼンス(Telepresence・遠隔講義)と自律型講義の2つの機能をする。テレロボットは、フィリピンのある語学教育センターの講師が学生がいる教室を画像で見ながら教える。画面の顔は瞬きしたりしかめたりと、さまざまな表情を見せる。自律型ロボットは韓国人教師の補助役をする。あらかじめ入力された教材の内容を生徒に教える。単語と文の発音、会話、英語ゲームなどを指導できる。

このロボットは大邱地域の21カ所の小学校に配置され、来年3月末まで放課後学校の授業で英語を指導する。これは知識経済部・大邱市・大邱市教育庁が15億8700万ウォン(約1億1000万円)を投じ、ロボット29台を授業に活用する試験事業。
【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮の肩を持つ“中国の口”、「ソウルに行ってみたがとても印象的」
・少女時代、30日に韓国と日本で授賞式出演
・李大統領「吸収統一ではない」
・「ロボットが韓国で英語を教える」…海外トピックに登場
・中国「宇宙船・人工衛星、来年20基打ち上げ」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ロボットが韓国で英語を教える」…海外トピックに登場

    2010.12.30 09:49
    뉴스 메뉴 보기
    27日午前、大邱市ハクジョン小学校「イングリッシュゾーン」で初めて授業を行った国内のロボット英語講師「インキー」。
    TOP