주요 기사 바로가기

<サッカー>在日同胞の李忠成、日本代表でアジア杯出場

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2010.12.24 18:06
0
在日同胞初の日本サッカー代表が誕生した。サンフレッチェ広島のFW李忠成(イ・チュンソン、25、日本名り・ただなり)が24日に発表されたアジアカップ日本代表の最終エントリーに含まれた。

6日に予備メンバー50人に含まれた李忠成は、ライバルとの争いで平山相太(東京)と平井将生(カンバ大阪)を抑えた。森本貴幸(カターニア)がけがで離脱したのも李忠成には幸運だった。李忠成とともに香川真司(21、ドルトムント)、本田圭佑(24、CSKAモスクワ)ら日本の看板FWもアジアカップのメンバーに抜てきされた。

李忠成は07年に日本に帰化し、日本代表資格を得た。李忠成は04年、U-19(19歳以下)韓国代表候補として国内でテストを受けたが、代表入りはならなかった。

日本で実力を認められた李忠成はオリンピック(五輪)代表候補になると、06年9月に帰化を申請、07年に日本国籍を取得し、08年北京五輪に日本代表で出場した。李忠成は当時「大きな舞台でゴールを決めて、世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい」と明らかにした。

日本代表に抜てきされたのは今回が初めて。Jリーグ後半の爆発力が抜てきの背景だった。昨季途中、柏から広島に移籍した李忠成は、今季前半まではベンチメンバーだった。しかし9月18日の神戸戦で今季初先発のチャンスを逃さなかった。この試合でゴールを決めた李忠成はその後15試合で13得点(カップ大会含む)をマークした。

日本代表は27日に招集され、28日から国内練習を始める。その後、一時解散した後、1月2日に再招集され、1月3日にアジアカップが開催されるカタールに移動する。
【今望のイチオシ記事】
・中国メディア「韓日米関係、表面上は華麗だが中身は殺意」
・【社説】口蹄疫の初期対応に失敗、責任を問うべき
・陸空軍合同訓練…中国メディアは脅迫調表現で韓国政府を強く批判
・<野球>オリックス、異例の朴賛浩-李承ヨプ“ダブル”記者会見
・菅首相にインタビュー(1)…北の延坪島砲撃事態


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP