주요 기사 바로가기

【社説】海洋主権を守護する海洋警察を強化すべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.24 17:26
0
最近、西海(ソヘ、黄海)で発生した中国漁船と韓国海洋警察庁の警備艇の衝突事件は、海をめぐる資源争奪戦の一断面を見せている。中国漁船が韓国の排他的経済水域(EEZ)で違法操業をし、逃走中に沈没したところは「暫定措置水域」と呼ばれ、韓国と中国のEEZが重なる海域だ。「暫定措置」という言葉通り、紛争の火種が潜伏しているという意味だ。

韓国は1999年に日本と、2001年には中国と、それぞれ漁業協定を結んだが、EEZを確定できない区域を残している。中国は韓国最南端の離於島(イオド)にある韓国の海洋科学基地を、自国のEEZと重なるとして、飛行機で監視するほど敏感だ。日本とは独島(ドクト、日本名・竹島)領有権問題で緊張が続いている。海洋領土と資源がそれだけ重要であるからだ。

中国漁船の違法操業問題は「海洋主権」次元で接近する必要がある。この5年間、韓国側EEZで違法操業をして摘発された中国漁船は2000隻を超える。船員は韓国の海洋警察の取り締まりに対抗し、10余隻をロープでつなぎ、竹槍や鉄パイプを振り回しながら抵抗するなど、ますます凶暴化している。他国の海で海賊のように振る舞うのを放置すれば主権国家ということはできない。

こうした葛藤と衝突は中国・日本と海を合わせる私たちの宿命だ。自国の海に対する権利と公権力を一次的に守護するのが海洋警察だ。金滉植(キム・ファンシク)国務総理は昨日、「海を先行獲得しようとする世界各国の競争がさらに激しくなっている」と述べた。「海洋警察の日」の記念式でだ。金総理は「私たちの海洋主権を守護するという次元で、違法操業などの行為は厳しく処断しなければならない」と強調した。

金総理の決心を実践するには、時代の流れに後れている装備から強化する必要がある。09年現在、海洋警察は284隻の警備艦艇を保有している。しかし気象が悪化しても任務を遂行できる1000トン級の艦艇は26隻にすぎず、5000トン級はわずか1隻しかない。ほとんど(218隻、77%)は沿岸警備レベルの100トン以下の小型艦艇だ。航空装備は飛行機2機とヘリコプター17機がすべてだ。自国の海にある資源を守るのに一歩の譲歩もあり得ない。手遅れになる前に対応が急がれる。


【今日のイチオシ記階】
・中国メディア「韓日米関係、表面上は華麗だが中身は殺意」
・【社説】口蹄疫の初期対応に失敗、責任を問うべき
・陸空軍合同訓練…中国メディアは脅迫調表現で韓国政府を強く批判
・<野球>オリックス、異例の朴賛浩-李承ヨプ“ダブル”記者会見
・菅首相にインタビュー(1)…北の延坪島砲撃事態

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP