주요 기사 바로가기

陸空軍合同訓練…中国メディアは脅迫調表現で韓国政府を強く批判

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.24 09:33
0
韓国が西海(ソヘ、黄海)に続き陸上と空中で大規模訓練を相次いで実施しており、中国メディアが前例のない脅迫調の強い表現まで動員して韓国政府を強く批判している。

中国共産党機関紙の人民日報の姉妹紙、環球時報は23日、「韓国は断崖をサッカー場と考えるな」と題する社説で、韓国軍の軍事訓練を猛非難した。北朝鮮メディアの興奮した論調と酷似するほどだとの評価も出ている。

新聞は、「だれであれ、『私は戦争を恐れていない』と言うならば周辺国を無視した行為。韓国が20日と22日に続き23日に大規模軍事訓練をしたのは断崖でサッカーをやるようなものではないのか」と皮肉った。また、「韓国は北東アジアで唯一の被害を受けた国と錯覚している。天安(チョンアン)艦と延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件で韓国側につけと中国に要求したのは理性的ではなかった」と指摘した。

社説はさらに、「中国はこれまで良い言葉で韓国をたしなめてきたが、韓国が勝手に行動し、韓半島の平和と安定を脅かすなら、中国は相応する行動を示さなくてはならない」と韓国に対する中国政府の強硬対応を露骨に注文した。その上で、「中国が韓国に使えるカードは多く、そのうちのひとつを使うだけでも短期間に韓国社会を揺さぶることができる」と壮語した。

同紙は、「いまは韓半島で新たな戦争を避けることが最も重要だが、韓国はまたも(酒に)酔っているようだ。(中国の)説得に効力がないなら、中国は方法を変えて韓国を動かす必要がある」としている。

これと関連しソウルでこの社説を読んだという韓国政府関係者は、「中国政府の不満がどれだけ反映されているのかはわからないが、環球時報は人民日報のような政論紙ではなく商業性が強い新聞のためいちいち対応する価値はないとみられる。表現の水位がメディアの程度と常識にはずれるほどに強く無礼ではある」と批判した。
【今日のイチオシ記事】
・中国メディア「韓日米関係、表面上は華麗だが中身は殺意」
・【社説】口蹄疫の初期対応に失敗、責任を問うべき
・陸空軍合同訓練…中国メディアは脅迫調表現で韓国政府を強く批判
・<野球>オリックス、異例の朴賛浩-鮗承ヨプ“ダブル”記者会見
・菅首相にインタビュー(1)…北の延坪島砲撃事態


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP