주요 기사 바로가기

【NOW!ソウル】2010年の流行語・新語は?

Copyright(c) KONEST2010.12.21 13:47
0
1/6



今年も人気ドラマから流行語が多数。「チャドナム(チャガウントシナムジャの略)」は、クールで都会的ながら優しさも兼ね備えた男という意味で「赤と黒」のキム・ナムギル(右)のようなキャラクターを指します。現在放送中の「シークレットガーデン」のヒョンビンは気難しく横柄な男をさす「カドナム(カダロッコトドハンナムジャ)」と表現されていますが、実はそれが魅力的だという意味も含まれています。



さらに「トキメキ☆成均館スキャンダル」のユ・アイン(右)の役柄「コロ」にハマッたことを意味する「コロアリ(患い)」のように、「登場人物の名前+アリ」という言葉も流行。スクリーンでは、「アジョシ」のウォンビン(左)のキャラクターから、子ども好きな男性をさす「タルバボ(娘バカ)」という新語も誕生しました。



「ベーグル女(ニョ)」の芸能人代表としては、ソウ(右)、シン・セギョン(左)、シン・ミナが挙げられます。実はこの言葉、従来の「清純グラマー」に次いで生まれた新語で、「ベビーフェイスでグラマラスな女性」という意味。こちらも略語や「~男」「~女」とつける最近の流れを汲んでいますね。



スポーツ界からは、チャ・ドゥリ選手!W杯で見せたサイボーグのような底なしの体力から「チャーミネーター」というあだ名が生まれました。ネット上で設計図と称した似顔絵イラストも出回り、当人も「人気の証拠」とまんざらでもないそうです。



iPhoneに続いて今年登場したサムソン製の「ギャラクシーS」から「ギャルス族」という新語が誕生しました。スマートフォンが大人気の韓国ですが、「ギャラクシーS」で初めてスマートフォンに接しハマってしまった人達のことをさします。



また、パソコンを持ち込んでカフェで仕事をする人をさす「COFFICE族」という言葉も誕生。無線インターネット可能なカフェがどんどん増えているので、これからも「COFFICE族」は増えそうですね。

流行・世相を反映する流行語や新語。さて、来年はいったいどんな言葉が生まれるのでしょうか。
【今日のイチオシ記事】
・日本官房長官「中国は違法操業規制を」…韓国での漁船衝突に言及
・JYJインタビュー ジェジュンは日本の女性タレントに人気
・血走った北国連大使「南側は訓練場所が延坪島しかないのか」
・中国は北朝鮮をかばうが中国以外の理事国はすべて北朝鮮を糾弾
・<野球>朴賛浩・李承ヨプ・金泰均…パリーグは韓国スター選手の祭り


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP