주요 기사 바로가기

韓国軍、2時30分に延坪島砲射撃訓練開始

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.20 15:04
0
韓国軍が20日午後2時30分、延坪島(ヨンピョンド)近隣で射撃訓練を始めた。軍当局は射撃訓練は約1時間ほど行われると明らかにした。この訓練にはK-9自走砲、60ミリ・81ミリ迫撃砲、バルカン砲などの火気が動員された。これまで北朝鮮の対応はないという。

北朝鮮の挑発に備えて、海兵隊延坪部隊は射撃訓練に参加しないK-9自走砲と最近新たに配置された多連装ロケット(MLRS)を常に射撃可能な状態で準備させている。また空軍はKF-16、F-15K、空対地ミサイルを装着したAGM-65マーベリックなど戦闘機を配置し、北朝鮮との空中戦も準備中だ。

海軍は韓国初めてのイージズ駆逐艦「世宗大王」(7600トン級)をはじめとする韓国型駆逐艦(KDX-II、4500トン級)2隻を西海(ソヘ、黄海)上に前進配置したと知らされた。

一方、現在の北朝鮮の動きについて、軍は具体的な動向は明らかにできないと述べた。
【今日のイチオシ記事】
・「韓国の海に出てこそ金になる」…中国漁船の違法操業が深刻
・ロシアの突然の「安保理カード」に後頭部を殴られた韓国
・天気良好の18日になぜ射撃訓練をしなかったのか
・北朝鮮の戦闘機、地下格納庫から地上へ
・日本人留学生を少女時代ファンに? やらせ疑惑提起


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP