주요 기사 바로가기

中国に買収される日本企業増える

ⓒ アジア経済/中央日報日本語版2010.12.17 11:56
0
中国企業が高い経済成長を基盤にした資金力で日本企業を買収している。

特に中国経済が来年も8%台の成長率が期待されている半面、日本は政治・経済的に暗雲が垂れ込んでいる状況であり、来年、中国の日本企業買収は加速する見込みだ。

15日(現地時間)のブルームバーグ通信によると、中国・香港所在の企業は今年4億3770万ドルを投じ、日本で44件の買収活動を行ったという。これは過去10年で最大規模。

中国の大型繊維会社である山東如意は7月、108年の伝統を誇る日本衣類企業レナウンの株式42%を40億円で引き受けた。5月21日を基準にレナウンの株価は過去2年間に約60%落ちた。フィルム製造企業の東山フイルムと大型家電製品販売企業ラオックスも今年、中国と香港企業に株式が移った。ドイツ銀行のシュタイン合併・買収(M&A)部門代表は「日本の技術を手に入れようとする中国企業がますます増えている」と述べた。

これを受け、日本企業に危機感が高まっている。東レの織茂健司チーフパタンナーは「より多くの日本企業が中国企業の買収ターゲットになるだろう」とし「私たちが『ニイハオ』と朝のあいさつをする日が来るかもしれない」と話した。
【今日のイチオシ記事】
・18日にも延坪島で射撃訓練
・ホン・ソクマン、金膃ダルはく奪…広州組織委、日本側の抗議受け入れる
・【社説】中国人の心に近づく公共外交が切実だ
・韓国人の体型、顔は小さく脚は長く…西欧型に変化
・ES細胞論文ねつ造の黄禹錫博士、控訴審で執行猶予2年


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP