주요 기사 바로가기

ES細胞論文ねつ造の黄禹錫博士、控訴審で執行猶予2年

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.17 10:27
0
ソウル高裁は16日、ES細胞論文をねつ造して研究費を受け、これを横領した容疑などで起訴された黄禹錫(ファン・ウソク)被告(57)に対し、懲役1年6月、執行猶予2年を言い渡した。

裁判所は「清廉性が求められる国立大教授が計画的に研究費を横領し、国際科学界で韓国科学者の研究に対する信頼が低下するなど、罪質が良くない」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・18日にも延坪島で射撃訓練
・ホン・ソクマン、金メダルはく奪…広州組織委、日本側の抗議受け入れる
・【社説】中国人の心に近づく公共外交が切実だ
・韓国人の体型、顔は小さく脚は長く…西欧型に変化
・ES細胞論文ねつ造の黄禹錫博士、控訴審で執行猶予2年


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP