주요 기사 바로가기

ホン・ソクマン、金メダルはく奪…広州組織委、日本側の抗議受け入れる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.17 09:46
0



勝手に障害等級を決める大会組織委員会のため、広州障害者アジア競技大会に出場した韓国代表選手が泣いている。

広州障害者アシア競技組織委員会(組織委)は15日、障害等級調整委員会を開き、ホン・ソクマン(35)の障害等級をT53ではなくT54と確定した。そしてホン・ソクマンが14日に獲得した車椅子陸上800メートルT53の金メダルをはく奪した。金メダルはホン・ソクマンに敗れて2位になった広道純(日本)に移った。

今大会の陸上技術責任官である日本人は14日、競技後、ホン・ソクマンの障害等級に異議を提起し、組織委はこの異議を受け入れて等級委員会を開いた。アン・ミンヒョン大韓障害人体育会(KOSAD)広報担当は「国際大会で金メダルが確定した後にメダルがはく奪されたのはホン・ソクマンが初めて」と声を高めた。

今回の事態は障害等級を勝手に調整した組織委のために発生した。ホン・ソクマンは08北京パラリンピックにT53等級で出場し、T53で3つの世界新記録(100m、400m、800m)を保持している。

障害等級T53は歩行が不可能な障害者のうち車椅子なしに床に座った時、倒れる程度の障害を持つ選手が出場する等級。T54は一人で座れるほどの等級で、障害の程度がT53より低い選手が含まれる。

イ・ジンアKOSAD代理は「普通、障害等級は監督官が選手の訓練と生活する姿を3日間観察した後に決める。しかしホン・ソクマン選手は等級が確定したC(Confirm)を受け、等級の分類を受ける必要がなかった」と述べた。にもかかわらず組織委は、日本関係者がこれを提起すると、ホン・ソクマンの障害等級を変えてしまったのだ。

このほかにも、組織委は水泳・卓球・サイクルなどで障害等級を統合した。キム・ジウン(27)は自由形400メートルS7等級でアジア新記録をマークしたが、S6-9等級が統合されたためメダルを逃した。イ・ジンア代理は「障害等級は一段階ごとに大きな差がある。北京パラリンピックではすべて別々に行われた競技」と話した。


【今日のイチオシ記事】
・18日にも延坪島で射撃訓練
・ホン・ソクマン、金メダルはく奪…広州組織委、日本側の抗議受け入れる
・【社説】中国人の心に近づく公共外交が切実だ
・韓国人の体型、顔は小さく脚は長く…西欧型に変化
・ES細胞論文ねつ造の黄禹錫博士、控訴審で執行猶予2年

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ホン・ソクマン、金メダルはく奪…広州組織委、日本側の抗議受け入れる

    2010.12.17 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    15日、車椅子陸上800メートルT53の金メダルがはく奪されたホン・ソクマン。
    TOP