주요 기사 바로가기

就職先人気トップは三星、2位はCJ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.16 12:43
0
三星(サムスン)-現代(ヒョンデ)車-SK-LG-ロッテと続く財界順位と求職大学生が好む企業の間には差があることが分かった。

就職ポータル「インクルート」が大学生1084人を対象にアンケート調査をした結果、三星は35%の大学生が入社したい企業に選び、1位になった。2位はCJ(8.5%)で、次いでSK(7.3%)、ポスコ(7.2%)、LG(6.5%)、ロッテ(4.8%)、新世界(シンセゲ、4.3%)、錦湖(クムホ)アシアナ(3.9%)、KT(3.4%)、現代(2.2%)などの順となった。

財界2位の現代車とGS(7位)、現代重工業(8位)、韓進(ハンジン、10位)は、大学生が好む就職先10位に入らなかった。

三星を選んだ大学生は「給与と公平な補償制度」をその理由に挙げた。CJは「楽しく働ける企業文化」が長所に選ばれた。SK・ポスコ・LG・ロッテ・錦湖アシアナ・KTを選んだ人は「同じ業界・地域社会で持つ先導企業イメージが魅力的」と答えた。新世界を選んだ人は「成長の可能性とビジョン」に引かれたと答えた。

性別によっても人気度は違った。男性は三星-ポスコ-SK-LG-CJの順、女性は三星-CJ-SK-LG-新世界の順となった。


【今日のイチオシ記事】
・北の挑発に備えて民防衛訓練を実施したが…車に乗ったまま見物
・少女時代、「サザエさん」で日本のドラマに出演
・ホン・ソクマン、障害者AGの金メダル奪われる危機…日本が等級に異議提起
・釜山汎魚寺の天王門が全焼…放火か
・盗掘の高句麗壁画…中国「返還してほしい」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP