주요 기사 바로가기

首都圏でも口蹄疫発生…警報レベル「警戒」に引き上げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.16 09:02
0
慶尚北道(キョンサンブクド)に続き首都圏でも口蹄疫が発生した。政府は危機対応段階を「警戒」に一段階高め、総力対応に乗り出した。

農林水産食品部は15日、京畿道(キョンギド)揚州(ヨンジュ)と漣川(ヨンチョン)の養豚農家で口蹄疫の発生が確認された、と明らかにした。これに先立ち、慶尚北道醴泉(キョンサンブクド・イェチョン)の韓牛農場でも口蹄疫陽性反応が出ていた。またこの日、京畿道坡州(パジュ)と慶尚北道聞慶(ムンギョン)・霊徳(ヨンドク)でも口蹄疫が疑われるという申告があった。

楊州と漣川の養豚農家は17キロほど離れている。しかし同業関係にある2人が共同で運営する農場だと、農林水産食品部は説明した。農林水産食品部の李昌範(イ・チャンボム)畜産政策官は「正確な感染経路などについて疫学調査を行っている」と明らかにした。

農林水産食品部は防疫対策会議を開き、ひとまず両農家を中心に半径500メートル内の牛・豚などを殺処分することにした。これを受け、殺処分対象の家畜数は16万9087頭と過去最多となった。


【今日のイチオシ記事】
・北の挑発に備えて民防衛訓練を実施したが…車に乗ったまま見物
・少女時代、「サザエさん」で日本のドラマに出演
・ホン・ソクマン、障害者AGの金メダル奪われる危機…日本が等級に異議提起
・釜山汎魚寺の天王門が全焼…放火か
・盗掘の高句麗壁画…中国「返還してほしい」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP