주요 기사 바로가기

「韓国の国家競争力、OECDで10位圏」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.09 11:32
0
韓国の国家競争力は経済協力開発機構(OECD)で10位圏という政府の自己分析が出てきた。

企画財政部は8日、韓国の特性に合った競争力モデルと245の客観的指標に基づき、初めて「国家競争力報告書」を出した、と明らかにした。財政部は「速い経済成長を土台に先進国との格差が次第に縮まっているが、対立的な労使文化、高い貿易依存度、産業両極化問題がアキレス腱として残っている」と評価した。

これによると、09年基準で韓国はOECD国家のうち人口9位、輸出商品の世界市場シェア8位、貿易規模9位、国内総生産(GDP)11位だった。雇用率は20位と低いが、高い生産年齢人口(10位)で労働投入量は維持されている。

資本投入の場合、GDP対比投資比率(5位)、貯蓄率(3位)がともに高かった。労働生産性はOECD国家のうち28位と低かったが、労働生産性増加率は2位と高かった。貿易依存度は00年の13位から昨年の7位まで上がった。

外国人直接投資(FDI)潜在力(14位)は高いが、実際FDI流入額(26位)は低調だった。中小企業が全体製造業に占める比率は雇用5位、付加価値9位と高いが、大企業との生産性格差を表す中小企業の雇用倍率対比付加価値は21位と二極化が深刻だった。

またインターネット接続世帯比率1位、超高速インターネット料金下位2位、無線超高速インターネット加入率1位、情報通信輸出比率1位、特許出願1位など革新活動も活発だった。しかし理工系博士比率(22位)、技術貿易収支(23位)など革新の質は落ちた。

企業コストの側面では、時間当たりの労働報酬(下位5位)、単位当たりの労働コスト増加率(下位5位)が低かった。ストライキにともなう勤労損失日数は23位だった。
【今日のイチオシ記事】
・EU、LGディスプレーに3235億ウォンの罰金
・【取材日記】砲撃されたその日、自走砲海兵は勇敢だった
・韓国の国家競争力、OECDで10位圏」
・韓国で性的暴行された…米で5千万ドルの訴訟
・「冬季五輪の招致、平昌がリード」…米紙


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP