주요 기사 바로가기

「北、予想外の方法で新たな挑発を構想中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.08 10:13
0



金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官は7日、全軍主要指揮官会議を開き、北朝鮮の挑発への対応態勢を完備するよう指示した。

金長官は「情報担当者だけでなく全幹部が情報分析能力を持つべきだ」と述べ、「先に措置、後に報告」の概念で自衛権を行使するよう命じた。敵から攻撃を受ければ、まず該当部隊の指揮官が自衛権を発動して対応しろという指針だ。

国防部は「北朝鮮はわれわれが予想しない方法で衝撃を加える新しい挑発を構想中」とし「金正日(キム・ジョンイル)・金正恩(キム・ジョンウン)世襲体制が完成されるまで融和政策と挑発を繰り返しながら、第2、第3の挑発を起こす可能性がある」と分析した。

金長官は「現在は韓国戦争(1950-53)後、最大の安保危機状況」とし「軍に対する国民の信頼、軍の士気、作戦規律、準備態勢を早期に回復するべきであり、長官から二等兵までこうした認識を共有しなければならない」と明らかにした。続いて「将軍団の認識が変わるのが最も重要」とし「われわれが生まれ変わる唯一の機会と考えよう」とした。
【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮、ペクリョン島NLL北側区域に砲弾発射
・少女時代、日本で視聴率30%に迫る最高視聴率
・「北、予想外の方法で新たな挑発を構想中」
・「韓米FTA交渉、‘第2のトヨタ事態’懸念が大きく影響」
・「戦闘機・ミサイル自衛権」 米国が韓国に同意


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北、予想外の方法で新たな挑発を構想中」

    2010.12.08 10:13
    뉴스 메뉴 보기
    7日午前、ソウル竜山(ヨンサン)国防部で、金寛鎮国防部長官の主宰で全軍指揮官会議が開かれた。
    TOP