주요 기사 바로가기

ポスコ、日本発電会社ジェネシス買収

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.06 11:54
0
ポスコが日本の発電会社ジェネシスを買収した。ポスコが非鉄鋼分野で海外企業を買収したのは今回が初めて。

ポスコは3日、中・低温廃熱発電と海洋温度差発電分野で基礎技術を保有するジェネシスの株式51%を6億1000万円(約83億ウォン)で取得したと明らかにした。非金属素材や親環境エネルギーなど鉄鋼以外の分野に事業領域を拡張しようというポスコの意志を表している事例だ。

ジェネシスは、ガス形態で排出される中・低温の廃熱を活用して電気を生産する核心技術を保有している。また表層水と深層水の温度差を利用して電気を生産する海洋温度差発電分野で世界最高レベルの技術を確保している。

ポスコ関係者は「廃熱は温室ガス排出量を減らし、コスト比で最も効果的にエネルギー効率を高められる手段」とし「ジェネシスは規模は大きくないが、関連核心技術を保有しているため、親環境グリーン成長分野でシナジー効果を期待できると判断し、買収を進めた」と説明した。

ポスコは浦項(ポハン)・光陽(クァンヤン)製鉄所に廃熱発電設備を試験設置し、関連技術を2013年に商用化する予定だ。東南アジア・中国にも進出する計画という。
【今日のイチオシ記事】
・オバマ“FTA業績”急いだか…一方発表は“外交欠礼”(1)
・ポスコ、日本発電会킎ジェネシス買収
・ユンホのかばんが100万ウォン、東方神起タイでも人気最高
・韓米FTA追加交渉妥結に、日本経済界「来るべき時が来た」緊張
・「中国が力の誇示で世界の友人を失っている」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP